海の手漕ぎボート釣り入門 体験記 釣り道具編

 

海の手漕ぎボート釣り入門 体験記 はじめに心構え & レンタルかマイボートか?編
手漕ぎボートで釣りを始め、その後に動力船へ移行しました。 その後、また手漕ぎボートに戻り釣りをしています。 やっぱり手漕ぎボート釣りは楽しい! という事で、入門者さんの参考になればと思い、自分の経験を元に、手漕ぎボート釣り...
海の手漕ぎボート釣り入門 体験記 服装編
「海の手漕ぎボート釣り入門 体験記」の2回目になります。 今回は服装編です。 服装 夏バージョン ボート釣りに適した服装を考えてみます。 昔は「服装なんて何だってイイ!」と思っていまし...
海の手漕ぎボート釣り入門 体験記 ボート選び編
「海の手漕ぎボート釣り入門 体験記」の3回目はボートの選び方です。 ボートの保管方法 ボート置き場を確保する ボートを選ぶ前に考えなくてはいけない事。 それは、ボートを置く場所を確...
海の手漕ぎボート釣り入門 体験記 ボート用具編
「海の手漕ぎボート釣り入門 体験記」の4回目はボート用具編です。 ボート用具編 ボートを運用していくために、ボート本体の他にボート用具が必須となります。 まずオール。 オールが...

 

「海の手漕ぎボート釣り入門 体験記」の5回目は釣り道具編です。

 

手漕ぎボート釣り道具

手漕ぎボート釣り

私の釣り道具ですが、しょぼいです。

いや、シンプルイズベスト。

「無駄な物は一切船内に持ち込みたくない!」

そんな熱い想いを抱きつつ実践しています。

船内に持ち込む釣り道具と、その他の小物を紹介します。

必要最低限これだけあれば事足ります。

あとはあなたの必要に応じて追加して下さい。

 

釣り道具

竿

竿は1本しか持ち込みません。

1本の竿に集中します。

外ガイドで、長さは1.8mから2.1mの物。

竿の長さはこれ以上でもこれ以下でもダメ。

個人の感想なので参考までに。

また、破損や紛失をしやすいので、安い物。

「どんな竿でも釣れる!」と思って、あまり竿には拘らないようにしました。

実際にどんな竿を使っても、釣れる時は釣れるし、釣れない時は釣れない。

 

たまにサビキ仕掛け用として、3mの中通し竿を使います。

サビキに餌も付けずに垂らしていると、アジとトビウオが掛かった事があります。

そういう訳で、淡い期待を抱きつつ、たまにサビキ仕掛けを出すために1本追加で持って行く場合があります。

 

リール

リールはカウンター付きの小型両軸リールを使っています。

なるべく軽い物が良いですね。

私はPE3号を50m巻いています。

 

※PE3号は太過ぎなのでPE1号ぐらいが良い。という意見が多いみたいですが。

 

尻手ロープ

竿を何度か海へ奉納した事があります。

一番悲しかったのは、ゴムボートを買ってから2~3回目の出港のとき。

リールと竿も新調していざ出港!

出港してから数十分後には、一切使われる事なく、竿とリールもろとも海の中へ。

悲しい思いをしたくないなら、尻手ロープは必須です。

手漕ぎボート 釣り道具

(画像:ブランチハンガー)

ブランチハンガーにゴムロープを結んで、どこかしらに挟んでいます。

 

Amazon.co.jp : ブランチハンガー

 

仕掛け

仕掛けは対象魚に応じて持って行きます。

「今日はカワハギ」と決めたら、カワハギの仕掛けしか持っていきません。

それ以外は持っていきません。

「いろいろ持って行ったほうが良いよ」

と師匠から言われた事があります。

それは最もだとは思うのですが。

私の場合はどうせ使わないという事がほとんどなので。

よって、カワハギ釣りのときは、下の画像の物だけです。

 

スイベル数個・カワハギ専用針

手漕ぎボート 釣り道具

 

オモリ・15号~25号を5個程度

手漕ぎボート 釣り道具

 

夢のカワハギ仕掛け 3本針用

手漕ぎボート 釣り道具

 

Amazon.co.jp : 夢のカワハギ仕掛

 

その他小物

プライヤー

魚の口から針を外すためにプライヤーは必須。

このプライヤーはPEラインもカット出来ます。

ホースを短くカットして、カバーにしています。

手漕ぎボート 釣り道具

手漕ぎボート 釣り道具

 

Amazon.co.jp : プライヤー

 

水産用はさみ

以前は魚を絞めるため、出刃包丁とまな板を使っていました。

しかし、いちいち出して使用後に洗う作業が面倒くさい。

という事で、いまでは水産用ハサミを使っています。

同じくホースをカバーにしています。

 

タナカ型 ステンレス 水産用万能鋏 165mm 剣先型

手漕ぎボート 釣り道具

手漕ぎボート 釣り道具

 

Amazon.co.jp : 水産用万能鋏

 

バッカンとタコめがね

ロープ入れ用にバッカンを使っています。

また、バッカンの代わりにタコめがねを使っています。

タコめがねは便利で、一度使いだすと手放せない。

 

  • 海中の様子を伺う
  • 手洗い
  • あか汲み
  • 魚の血抜き
  • トイレ

 

全部に使える万能物です。

 

Amazon.co.jp : メッシュバッカン
Amazon.co.jp : たこめがね

 

餌箱

餌はイソメかオキアミしか使いません。

餌箱は桐の餌箱を使っています。

 

Amazon.co.jp : 桐エサ箱

 

その他に必要な物

クーラーと氷

クーラーは20リットルのハードクーラーを使っています。

冬はソフトクーラーを使います。

以前は保冷剤を使っていましたが、保冷剤は冷やす以外に使い道がありません。

いつまでも荷物が減らず、いつまでも重い。

よって、ペットボトルを使って凍らせた氷を使っています。

飲み水にもなるし、手洗い用の水にもなる。

 

Amazon.co.jp : 釣り用クーラーボックス

 

タオル

タオルを最低1枚。

出来れば顔拭き用と、魚用とで2枚あれば尚良し。

 

飲料水

水は出来るだけ多く持って行ったほうが良いです。

夏場は2リットル持って行きます。

喉が渇いたと思わなくても、ちびちび水分補給する事をお勧めします。

 

ビニール袋

魚を入れる為のビニール袋。

汚れ物やゴミ入れ用ビニール袋。

合計3~4枚。

 

たまに持って行く物

いつもは竿1本しか持っていきません。

たまにもう1本持って行く事があります。

そんなときはロッドホルダーも持っていきます。

手漕ぎボートロッドホルダー

 

Amazon.co.jp : ロッドホルダー

 

「持ってた行った方が良いよ!」というような物

タモ網・スカリ・メゴチバサミ

タモ網、スカリ、メゴチバサミを持って行ったほうが良いと思います。

私も全部持って行ってました。

が、何故だか今は手元にありません。

いつの間に無くなったのか???

海の中?

そういう訳で、今は無しでやっています。

 

その代り、タモ網を使わずとも、魚をバラさずに引き揚げるテクニックが身に付けました。

イケスやスカリが無いので、魚が釣れたら、さっさと水産用ハサミで絞めて、クーラー行きにしました。

メゴチバサミの代わりに軍手を利用しています。

有れば便利ですが、無しでも何とかなります。

 

Amazon.co.jp : タモ網

 

魚探

魚を釣るために魚探は有った方が良いと思います。

が、荷物になるのが嫌。

準備と片付けが嫌。

狭い船内がゴチャゴチャするが嫌。

という訳で私は持っていません。

 

道具入れはバッカンより巾着袋

以前は大きなバッカンに道具一切を入れていました。

バッカンは便利と言えば便利なのですが。

嵩張るし、いちいち洗う作業が面倒くさい。

という事で、現在は大き目の巾着袋に一切を入れています。

使用後は洗濯機に放り込むだけ。

 

まとめ

手軽で気軽な手漕ぎボート釣りなので、道具もなるべく簡素に!

という訳で、なるべく持ち物を少なくして、手漕ぎボートを楽しみたいと思っています。

準備の手間や、終わった後の大変な片付け作業はなるべく避けたいところ。

そのため、簡素な道具となりましたが、これはこれで準備も片付けも楽で、より釣りに集中出来て良い事しかありません。

また、道具を厳選に厳選を重ねる過程や工夫は楽しいものです。

まとめると、「自分が好きなようにすれば良い」の一言に尽きる。

 

海の手漕ぎボート釣り入門 体験記 出港から帰港までの流れ
「海の手漕ぎボート釣り入門 体験記」の6回目は、出港から帰港までの流れです。 出港から帰港までの流れ ボート釣りを始めた頃、毎日のようにシュミレーションをやっていました。 な...
タイトルとURLをコピーしました