手漕ぎゴムボートのメリットとデメリットと買い換え理由

初めて買ったボート「アキレスEC-521」

堤防で浮き釣りをしているときによくこんな事を思いました。

「ちょっと沖に出たら釣れるんじゃないだろうか?」

 

そんな考えが膨らみボートを購入する事に。

買ったのは手漕ぎゴムボート「アキレスEC-521」。

 

開梱

 

  • 底板
  • オール一式
  • 本体
  • 腰掛板
  • 空気入れ

ゴムボート

アキレスEC-521 ゴムボート

 

組み立て完了。

アキレスEC-521 ゴムボート

初出航

買ってから1週間ほどで初出航しました。

出航場所は、神奈川県三浦市三崎町城ケ島の城ケ島公園の脇のスロープ。

ここは車でスロープまで入れるので、トレーラブルボートの入出港等にも利用されています。

※現在は立ち入り禁止。

アキレス ゴムボート

 

いつもこのスロープの横の堤防で浮き釣りをしていました。

しかし、ここで釣れたためしがない。

 

けど、沖に出たらどうなのだろうか?

そんな疑問を晴らす時が来ました。

 

ボートを水際まで運び、釣り道具を積み込み、アンカーは家にあった鉄アレイ(5kg)を流用。

ボート釣りの為に買い足したのはアンカーロープぐらい。

 

期待を膨らませ、猫に見守られつつ出航。

猫

 

初出航は緊張とワクワクで一杯。

で~、実際に水に浮かぶと恐怖が訪れます。

 

薄い底の下は海。

自分の2本の足が届かない。

海草がユラユラしているのが不気味だし。

「大丈夫だろうか???」

 

【スロープから出たところ】

ゴムボート アキレスEC-521

 

しばらくして慣れてくると気持ちは落ち着いてきました。

とりあえず、アンカーを降ろして釣り開始。

 

5kgの鉄アレイはしっかり役に立ちました。

ボートEC2-521

 

ゴムボートの定員は2名となっています。

しかし、釣り道具を乗せると2人目を乗せる余地はありません。

ゴムボート アキレスEC-521

 

【出航場所のスロープを望む】

画像の真ん中あたりが出港場所です。

右側は長さ200mちょっとの堤防あり。

左側の山は城ケ島公園。

ゴムボート アキレスEC-521

 

岩が見えますが、以前は堤防からこの石を目がけて仕掛けを投げていました。

ゴムボート アキレスEC-521

 

で、陸地から離れ、実際に沖のほうに出てみた結果・・・

こんな魚が釣れました。

ゴムボート アキレスEC-521

 

ベラです。

堤防からの浮き釣りでは全く魚が釣れなかったのでベラでも嬉しかった。

出航3回目にして本命が

初出航から数日後、同じく城ケ島海浜公園脇から2回目の出航。

釣れはしたけれど、望む魚じゃない。

ゴムボート メリット デメリット

 

場所を変えた方が良いかも。

という訳で、3回目の出港は横須賀市の和田長浜海岸から。

荷物は極力減らしてシンプルに。

ゴムボート アキレスEC-521

 

すると、カサゴやら。

ゴムボート アキレスEC-521

 

カワハギやら。

ゴムボート アキレスEC-521

 

で、小さいですが、アジ、サバなどの本命も釣れました。

ゴムボート アキレスEC-521

 

ゴムボートに乗ってちょっと沖に出るだけで、今まで出会えなかった魚を釣り上げる事が可能となりました。

 

ゴムボートのメリットとデメリット

【和田長浜海岸を望む】

ゴムボート アキレスEC-521

 

しかし、ゴムボートは数回しか使用しませんでした。

いろいろと不満や安全性に不安を生じて買い換える事に。

デメリットに感じた事

 

  • 空気を膨らます作業が面倒
  • 破れはしないか?と気を使わされる
  • 実際に気を付けていないと釣り針など刺さって穴が空く
  • 風の影響を受けやすく、風が強いとコントロールが難しくなり翻弄される
  • 帰宅してからボートを洗う作業が大変
  • 乾かしたり畳んだりという作業も大変

 

メリットに感じた事

 

  • 軽い
  • 運搬が楽
  • 原付でも運べる
  • 破れない限り絶対に沈まない
  • 転覆しても復元が可能
  • と言うより転覆なんてしない感じの安定性
  • ゴムボートの姿形には冒険心(ワクワク感)を掻き立てられる
  • 収納には小さいスペースで事足りる

 

「買い換える!」と決断させられた要因

「買い換える!」と決断させられた大きな要因があります。

それは、海上で突然風が吹き出した時の事。

 

風の影響で、漕いでも漕いでもボートが進まなくなりました。

ほんの数百メートルほど先の出港地に戻るのに、どれだけ漕がされた事か。

 

ゴムボートは風の影響により海面をスーっと軽く流されてしまいます。

風の勢いが強くなると、もう人力では太刀打ちできない。

そんな風の影響を受け、途方もない気持ちに陥り、かなり恐い思いをした事によります。

 

そんな訳で手漕ぎのゴムボートはヤフオクで売却。

ありがたい事に買ったときとほぼ同じ値段で落札されました。

 

で、次に買ったのはリョービのボートエースとなります。

 

リョービボートエース GEB-23N① 紹介 メリットとデメリット
ボートエースGEB-23Nの紹介 人生初のボートは手漕ぎのゴムボートを選択しました。 風に翻弄された事を機に買い替える事に。 2艇目に選んだのはリョービのボートエースGEB-23N。 GEB-23Nの...

 

おわり

タイトルとURLをコピーしました