砂浜対策 滑車を使ってボートを上げる

砂浜対策 滑車を使ってボートを上げる

私のボートの重さはメーカー公表値で95kgです。

それに船外機、艤装品、ランチャーなどの備品が加わります。

 

そうすると合計で250kgぐらいの重量となります。

この重さの物を砂浜上で1人で移動させるのは大変です。

 

行きは何とかなります。

しかし、帰りは100%無理。

 

そこで滑車を使って引き上げてみる事に挑戦。

まずはホームセンターで買ったホイストロープを使いました。

 

 

引っ張る距離が長いので付属の5mmのロープを外します。

長さ200mで太さ3mmの長いロープに入れ替えて引っ張ってみました。

 

引っ張る距離は40m前後。

結果、全く駄目でした。

 

まず、3mmではロープが細すぎて、ロープが手に食い込んでしまう。

痛くて全然力が入れられません。

 

更に、ロープが長すぎました。

途中でロープ同士が絡み合い、ロープ同士がちょっと交差するだけでもかなりの負荷となります。

 

後日改めてロープの太さを倍の6mmにして挑戦。

それでも無理でした。

 

エンジンや備品を全て下ろして挑戦してみたのですが、やはり無理。

繰り返しになりますが、引っ張る距離は40m前後です。

 

滑車を使うとなると、ロープはその数倍の長さが必要となります。

その長いロープ同士がちょとでも交差したりすると、そこの部分にかなり力をロスさせられる。

 

実験をやる前にそれがネックになるとは想像出来ませんでした。

結果、滑車を使ってボートを引き上げる事は叶いませんでした。

 

それからしばらく経って、レスキュー現場で使われる「倍力システム」なるものを知ります。

倍力システムについては次の次の機会に。

砂浜対策 倍力システムでボートを引き上げる①
滑車を使ってボートを引き上げる 砂浜で滑車を使ってボートを引き上げようとしました。 結果、長い距離を引っ張るのは無理でした。 使った滑車はこれ。 この商品は、3連定滑車と4連動滑車の組合せで8倍力...

 

以上、滑車を使って人力で引き上げる事は無理と判断。

次にランチャーに設置されている手動ウインチを使って試してみました。

 

砂浜対策 手動ウインチ
砂浜対策 手動ウインチ 釣りが終わり出航場所(砂浜)に戻ると、そこから人力でボートを引き上げなければなりません。 骨の折れる作業です。 出来るだけ楽をしたい! という強い想いにより、いろいろ試してみる事に。 ...

 

おわり

タイトルとURLをコピーしました