オイル交換のときに使っている便利な物。

オイルの排出

オイル交換は5000km毎に自分で行っています。

オイル交換を行う際に問題になるのが、ドレンボルトを外す手間。

車体の下にもぐり込まなければならず、服や手は汚れるし、パッキンも交換しなければならない。

廃油をぶちまける危険性も大きい。

この作業がとにかく面倒。

オイルチェンジャーで上抜き

という訳で、オイルチエンジャーを使って上から抜くようにしました。

オイルチェンジャーとはこんなの。

 

これの使い方は、オイルレベルゲージを引っこ抜き、そこからオイルチェンジャーのホースを挿入。

その後、ポンピングをすると、あとは自動的にオイルを吸い上げてくれます。

 

  1. オイルレベルゲージを抜く(画像↓黄色の部分)
  2. ホースを挿入
  3. ポンピング
  4. しばらく放置したらオイル抜き完了

 

これだけなので、作業は凄く簡単。

オイルレベルゲージ

 

大家さんの目が気になる都内の狭い駐車場(コンクリートで汚されない)に車を停めていたとき、オイルチェンジャーは便利だった。

綺麗に作業が出来た。

しかし、上から抜くのは、どーにも気分がすっきりしない。

底に汚れが溜まっているのではなかろうか?

なんていう疑念が拭いきれず。

ミニチェンジャー(エコチェンジャー)で下抜き

という訳で次に導入したのが、F108ミニチェンジャー 。

これ、もう16年使っています。

サンバー エコチェンジャー

 

現行品は仕様が変わっているようです。

 

ミニチェンジャーをドレンボルトの代わりに装着してやります。

オイルを排出するときは、レバー(シルバー色の部分)を下げてやる(約90度)だけ。

終わったら、レバーを戻して完了。

下にもぐり込まなくてはいけないので、ちょっと手間ではある。

また、廃油受けの位置を間違えると、とんでも無いことになるので要注意。

オイルチェンジャーよりちょっと手間は掛かるが、ほとんど手は汚れないし、パッキン交換の必要も無し。

何より下抜きは気分が良かった。

 

上抜きだろうが、下抜きだろうが、気分や好みの問題だけの気がしないでもないですが。

道具の扱いやすさから、いまだミニチェンジャーを使い続けています。

オイルフィルターの交換にはエーモンのオイルフィルターレンチ

オイルフィルターは1万キロ毎に交換しています。

ネットでまとめ買いして送料を無料にしてやれば、店で買うよりお得になる。

サンバー・オイル・オイルフィルター交換

 

オイルフィルターを外すときは、専用のオイルフィルターレンチが必須。

私はエーモン製を使っています。

これ、最初は使いにくいと感じました。

ぜんぜんフィルターに食いつかず、つるつる滑る。

 

オイルフィルターを交換する度にストレスを感じ、何度もカップ型のレンチに気持ちが行ったのですが。

カップ型はどれを買えば良いのかわかりにくい。

そんな訳で、いつも購入計画は頓挫し、ストレスを感じつつエーモンを使い続ける事に。

ちなみに、PIAAのオイルフィルターの寸法を測ってみたところ66.25mmでした。

[【追記:カップ型レンチは66.5mmが合うらしいです】

サンバー・オイル・オイルフィルター交換

 

そうこうしているうちに気付いた!

このままの状態で使っちゃダメという事に。

サンバー・オイル・オイルフィルター交換

 

赤丸部分を。

サンバー・オイル・オイルフィルター交換

 

上にずらさなきゃいけなかった。

この機構にぜんぜん目がいかず、長いこと気付かなかった。

サンバー・オイル・オイルフィルター交換

 

テープで固定してやると使いやすくなる。

サンバー・オイル・オイルフィルター交換

 

これでピッタリ。

サンバー・オイル・オイルフィルター交換 サンバー・オイル・オイルフィルター交換 サンバー・オイル・オイルフィルター交換

 

手を放しても大丈夫。

※ちょっと揺らすと滑ります。

サンバー・オイル・オイルフィルター交換

 

このレンチは柄を上にして回そうとすると。

サンバー・オイル・オイルフィルター交換

 

柄がベルトに当たるので、可動範囲がかなり狭くなる。

サンバー オイル交換 レンチ

 

柄を下にして、オイルフィルターにぶら下がる形で使用すると、可動範囲はいくらか多くなる。

上側から撮影。

サンバー オイル交換 レンチ

 

下側から撮影。

サンバー オイル交換 レンチ

蓋付きオイルジョッキ

使用するオイルに特に拘りは無し。

なるべく費用を抑えたいので、ホームセンターで最安の物を買って使用。

オイルジョッキは使わず、この状態で缶から直接注いでいます。

オイル交換 オイルジョッキ

 

エーモンのオイルノズルですが、すぐに抜け落ちる。

なので、抜け止めは必須。

オイル交換 オイルジョッキ

 

オイルジョッキを使用せず、缶から直接入れる場合、何度もオイルゲージを確認しなくちゃいけないので、それなりに手間ではあります。

それでもオイルジョッキを使わなかった理由は、中にほこりが入るので、使用後の事を考えると、なにかと面倒。

 

が、良い物を見つけました。

サンバー オイル交換

 

蓋付きなのでほこりが入らない。

サンバー オイル交換

 

注ぎ口も蓋付き。

サンバー オイル交換

 

ノズルはサンバーにはちょっと短い。

ボディに当たる。

この形で規定量を全て注ぐのは無理。

サンバー オイル交換

 

ジョッキに大目にオイルを入れてやるか、蓋をしっかり締めて横にしてやれば大丈夫。

サンバー オイル交換

 

蓋が付いているので、裸のまま保管しても、中にほこりが入らないのが良い。

容量も3Lでサンバーにぴったり。

ホースの長さが足りないと思えば、専用延長ホースの販売もあり。

 

これはアストロプロダクツさんで見つけました。

アマゾンとヤフーでも同じ形の物があるけれど、ちょっと高い。

楽天で 「APオイルジョッキ 3L」 で検索。

 

良いオイルジョッキを見つけ、4リットル缶に拘る必要が無くなったので、20リットル缶を購入。

20Lのペール缶で買うと、ホームセンターで買うより安くなり、買物へ行く手間も省ける。

大きくて扱い辛いのが難点だが。

サンバー オイル交換

 

以上、面倒なオイル交換作業を楽にしてくれる便利グッズでした。

 

おわり

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました