【サンバーLE-TT2】ギヤの入りが悪いのでいろいろ交換した【ブッシュのメタル化】

最近、ギヤの入りの悪さを顕著に感じます。

部品を交換せずに27万キロも走ったので当然でしょうか。

という訳で、いろいろ交換していきます。

※素人がやっています。

シフトレバー側のブッシュ交換

まず、シフトレバー側のブッシュを交換する事に。

ブッシュの劣化はそれほどでも無い感じでした。

そのせいか、効果は感じられず。

【サンバー】シフトのブッシュを交換【DIY】
サンバーのエンジンを載せ替えた。 ガスケットが抜けて、抜けた箇所が錆ていたらしく、載せ替えを余儀なくされた。 という訳で、これからまた長く乗る事になるので、自分で消耗パーツなどを少しずつ交換していく事に。 とは言え、素人な...

 

ミッションオイル交換

次にミッションオイル(デフオイルも)を交換。

左端がデフ用。https://amzn.to/3FqaUrI

真ん中と右端がミッション用。https://amzn.to/3iJibcj

サンバーに丁度良い量です。

サンバー ミッションオイル デフオイル 交換

 

デフ用オイルが入っているこの容器は使いやすかった。

先端をハサミで切って、ホースと繋げれば、他に道具は要りません。

ホースの長さは1mが扱いやすかったです。

内径は8mmの物を使ったのですが、もっと太いほうがスムーズに注入出来ると思います。

まず、デフオイルを交換します。(少し余るのでミッション用とする)

その後、ミッションオイルをこの容器に入れ替えて注入すれば一石二鳥。

 

ガスケットは4個全部交換しました。

品番803920010 https://amzn.to/3AEhqaZ

サンバー ドレンガスケット 品番803920010

 

交換した結果、特に効果は感じられず。

 

エンジン側のブッシュのメタル化

最後にエンジン側のブッシュ交換。

サンバーのパーツリストを見ると、エンジン側のシフトリンケージブッシュの番号が見当たりません。

という事で、ブッシュだけの販売は無いみたいです。

 

アセンブリの品番は「35060TC021」と「35060TC031」で探してみて下さい。

1本1万円ほどします。

 

どうしたものかと考えあぐねていたら、ネットにて「ブッシュのメタル化」というものを知りました。

早速真似てみる事に。

 

用意する部品

ワッシャー4枚(8mm×30mm×2mm)。

ベアリング2個(NSK スチール 両シール付 608ZZ 内径8mm×外径22mm×幅7mm)。

ワッシャーはホームセンターで、ベアリングはアマゾンで購入。

サンバー シフトリンケージ ブッシュ

 

作業動画

まず、エアクリーナーボックスと、ボックスを支えるブラケットを外します。

エアクリーナーボックスの外し方

その後の作業の様子を撮りました。

 

 

注意点

特に難しい事は無かったのですが。

ベアリングの圧入にはちょっと手間取りました。

私はクニペックスのプライヤーを使いましたが。

サンバー メタル化 ブッシュ 交換

 

ワッシャーでベアリングを挟み込み、ボルト&ナットで締め付けたり。

サンバー メタル化 ブッシュ 交換

 

クランプを使うと良いかもしれません。

走行不能に陥らないためにも、ベアリングの圧入作業に対しては、万全を期しましょう。

サンバー メタル化 ブッシュ 交換

 

ギヤの入りの悪さの原因

外したブッシュ。

サンバー シフト リンケージ ブッシュ

 

ゴムが切れていました。

ギヤの入りの悪さはこれが原因ですね。

サンバー シフト リンケージ ブッシュ

 

隙間にバスコークを充填。

使うつもりはないですが、念のためしばらく車に積んでおきます。

サンバー シフト リンケージ ブッシュ

 

ボロボロのブッシュからメタル化したので、純正部品との違いは判りかねるのですが。

気持ちよくギヤが入るようになったのは間違いないです。

 

おわり

 

タイトルとURLをコピーしました