火鉢を使用するにあたって火事と一酸化炭素中毒対策。

一酸化炭素中毒対策

うちは風呂とトイレの換気扇を24時間回しっ放しにしています。

なので、換気は大丈夫だと安心しています。

が、火鉢を使っている時に、頭痛がしてくるときがあります。

という事は、換気が全然足りていない証拠。

安心してる場合じゃない。

一酸化炭層中毒対策としては、これでもかと言うほど、充分な換気をする事。

それに尽きます。

火事対策

火事対策として、最初は水拭きスプレーを火鉢の側に置いて、それで良しとしていました。

しかし、他の物に火が燃え移ったり、火が大きくなった場合の事を考えて簡易消火具を購入。

火鉢 一酸化炭素 火事 防災対策

 

その他の対策として、「ちょっとトイレ」というような場合は、クッカーに水を入れたものを猫板の上に設置してからその場を離れます。

地震で揺れた際、クッカーが倒れて炭の火を消すという算段です。

火鉢 一酸化炭素 火事 防災対策

 

猫板の上にわざわざクッカーを設置せずとも、口の広い鍋でお湯を沸かしていれば、揺れた場合、中の水がこぼれて炭の火を消火してくれるでしょうから、一石二鳥かもしれません。

火鉢 一酸化炭素 火事 防災対策

 

楽しむ為に火鉢を使用しているのに、気を抜いたり誤った使い方をすると、死に至る事になりかねません。

防災対策は過激過ぎるほど施しておかなければなりません。

 

おわり

 

タイトルとURLをコピーしました