「明太子」と「たらこ」の違い・明太子大好き!

たらこ

たらこ 明太子大好き

「たらこ」とは介党鱈(スケトウダラ)の卵巣を塩漬けにして加工したもの。

「鱈(たら)の子」なので「たらこ」です。

 

私は関東に住むようになって初めて「たらこ」を食べた気がします。

「なんやこの明太子!?」

と、違和感を抱いた事を覚えています。

私が食べたのは「明太子」じゃなくて「たらこ」でした。

明太子

明太子 明太子大好き

「明太子」とは介党鱈の卵巣を唐辛子やその他の調味料で味付けしたもの。

原料は「たらこ」と同じ介党鱈の卵巣。

「明太子」の語源

「明太子」のルーツは朝鮮だと言われています。

朝鮮では介党鱈の事を「明太(ミョンテ)」と呼びます。

「明太の子」なので「明太子」です。

その明太子が朝鮮から日本に渡ってきて「辛子明太子」という名前で販売されるようになりました。

まとめ

明太子の製造工程では介党鱈の卵巣は一度「たらこ」に加工されます。

その後に味付けされて「明太子」になります。

たらこと明太子の違いは味付けするかしないか。

 

「明太子」と「たらこ」の見た目はほぼ一緒。

「あれ?この明太子、色が薄い?」

そう感じたらそれは「たらこ」かも。

お間違いないように。

 

おわり





タイトルとURLをコピーしました