冬にクーラーは必要か?氷が融けていく過程を観察する。

使用クーラーボックス

夏の釣行時は絶対にハードクーラーボックスは欠かせません。

私はリョービの「プロターゲットウルトラHEXA(ヘキサ)200」を使用しています。

リョービ クーラーボックス

 

使用開始から15年目です。

良いクーラーボックスだと思います。

特に不満は無いので(現行品の性能や良さを知らない)、一生使うつもりです。

 

残念ながらリョービは釣り具販売から撤退しています。

もう新品は販売される事はないでしょうから大事にしています。

 

※ボートエースは上州屋が商標を借りて製造販売しているらしいです。(ネット情報)

 

氷はソフト水筒を利用して作ったもの

氷はダイソーで買ったソフト水筒に水を入れて凍らせたものを使っています。

水を3リットル使用して氷を作ります。

私の場合、自宅を出発してから帰宅まで約7時間。

それぐらいの間なら充分持ちます。

潮氷を作った場合でも充分間に合います。

 

寒くなったらソフトクーラーを使用

寒くなってきました。

これからの季節、保冷力が高い重くてかさばるハードクーラーボックスは必要ないでしょう。

と言うか、出来るだけ使いたくない。

そういう訳でペラペラのソフトクーラーへ移行します。

 

寒くなったので氷をサイズダウンする

寒い時期は大きな氷も要らないでしょう。

冷凍庫に常備している氷をサイズダウンしようと思います。

氷をただ融かすのは勿体ないので、融けていく過程を観察してみました。

 

観察開始

冷凍庫で凍らせていた3リットルの氷を放置して、融けていく過程を観察していきます。

 

0時間

観察開始。

時間は10時47分。

室温は18.7度。

ソフトクーラー 氷 1 (1)

 

カッチカチ。

ソフトクーラー 氷 1 (1)

 

1時間経過

時間は11時46分。

室温は17.1度。

ソフトクーラー 氷 2 (2)

 

まだまだカッチカチ。

ソフトクーラー 氷 2 (1)

 

表面に水滴が付いている。

ソフトクーラー 氷 2 (3)

 

下のほうで融けた水が溜まった様子も無し。

ソフトクーラー 氷 2 (4)

 

2時間経過

計測時間は12時45分。

室温は17.2度。

ソフトクーラー 氷 3 (2)

 

側面を指で押すと、プニプニしてきた。

ソフトクーラー 氷 3 (1)

 

表面に薄く水の幕が張った感じ。ソフトクーラー 氷 3 (3) ソフトクーラー 氷 3 (4)

 

3時間経過

時間は13時45分。

室温は17.5度。

ソフトクーラー 氷 4 (2)

 

心なしか左に傾いた気がする。

ソフトクーラー 氷 4 (1)

 

表面のプニプニの厚さが先ほどの倍になった感じ。ソフトクーラー 氷 4 (3) ソフトクーラー 氷 4 (4)

 

4時間経過

時間は14時47分。

室温は18.9度。

ソフトクーラー 氷 5 (2)

 

かなり融けたという印象。

安定が悪くなり倒れそうな気配。

ソフトクーラー 氷 5 (1)

 

表面のプニプニは1cm弱。ソフトクーラー 氷 5 (3)

 

氷が水になり、飲み水として利用出来るのではないか?

ソフトクーラー 氷 5 (4) ソフトクーラー 氷 5 (5)

 

5時間経過

時間は15時45分。

室温は19.4度。

ソフトクーラー 保冷剤 6 (2)

 

4時間経過観測後、15時14分に「ドン!」っと音を立てて倒れました。

ソフトクーラー 保冷剤 6 (1)

 

雫が溜まって水浸し。 ソフトクーラー 保冷剤 6 (3)

 

表面には水滴がたっぷり。

ソフトクーラー 保冷剤 6 (4)

 

中の状態を見やすいように水滴を拭き取りました。

たっぷり水になっています。

ソフトクーラー 保冷剤 6 (5)

 

6時間経過

時間は16時43分。

室温は19.4度。

ソフトクーラー 保冷剤 7 (2)

 

かなり融けました。

見た目の感覚としては4.5割ほど液体になった感じ。

ソフトクーラー 保冷剤 7 (1)

 

飲み水としてゴクゴクいけそう。 ソフトクーラー 保冷剤 7 (3)

 

凍らせるときキャップを緩めに締めていたので、水が漏れていました。

ソフトクーラー 保冷剤 7 (4)

 

7時間経過 実験終了

時間は17時47分。

室温は19.3度。

ソフトクーラー 保冷剤 8 (1) ソフトクーラー 保冷剤 8 (2)

 

氷はたっぷり残っている。

ソフトクーラー 保冷剤 8 (3)

 

表面の水滴をタオルで拭いた。

ソフトクーラー 保冷剤 8 (4)

 

水だけボールに移してみた。ソフトクーラー 保冷剤 8 (5)

ソフトクーラー 保冷剤 8 (6)

 

水の量は1132g。(ボールの重さは含まれない)

ソフトクーラー 保冷剤 8 (7)

 

残った氷の重さを測ってみた。

ソフトクーラー 保冷剤 8 (8)

 

残った氷の重さは1683g。(ソフト水筒の重さも含む)

ソフトクーラー 保冷剤 8 (9)

 

1132g+1683g=2815g

3kgは無かったですね。

コンパクトになった氷をまた冷凍庫に戻して観察終了としました。

ソフトクーラー 保冷剤 8 (10)

 

観察結果の感想とまとめ

今頃の時期、潮氷を作らない前提でしたらハードクーラーは不要ですね。

自宅出発から7~8時間後に帰宅するぐらいなら、1.5kgぐらいの氷とソフトクーラーの組み合わせで充分そう。

または3kgの氷を使うなら、わざわざソフトクーラーを用意する事なくバッカンで代用しても大丈夫みたい。

更に寒くなり気温が10度以下にもなるとクーラーやら氷は不要ですね。

とは言ってもそんなに寒いと魚も釣れないし、釣りに行く気もしませんが。

今後も機会あったら他のパターンで検証してみます。

 

現在使っているソフトクーラーはまたの機会に紹介します。

 

昔使っていたソフトクーラーはこちら↓

シアトルスポーツのソフトクーラーフロストパック40qt(イエロー)。
シアトルスポーツのソフトクーラー「フロストパック 40QT」です。 サイズ:51×28×28cm 重量936g 容量39L 外部素材:19オンスビニール 内部素材:特殊アルミ断熱材 2012年に購入。...

 

おわり

タイトルとURLをコピーしました