【スバル サンバー TT2】エンジンクーリングファンが止まらないのでバキュームセンサーとエンジンコンピューターを交換【まだ未解決】

エンジンクーリングファンが止まらなくなった

一昨年、エンジンを載せ替えたのですが、それ以降、不自然にリレースイッチが入る現象がたまに起きるようになりました。

入ったかと思ったらすぐ切れる、という事を繰り返します。

確認すると、リレーはエンジンクーリングファンのものです。

「載せ替えたエンジンの仕様なのか?」

そんな事を思いつつ早1年半。

現在、たまに不自然にスイッチが入り切りするだけに留まらず、走行中やアイドリング中にファンが回りっぱなしという新たな動きが追加されました。

さすがにこれは仕様なんかじゃなく、明らかに壊れている!

 

バキュームセンサー交換

という訳で、ネットで情報を漁ると、エンジンクーリングファンのON-OFFは、バキュームセンサーが関わってくるという情報を得ました。

バキュームセンサーはオルタネーターの左横、インテークマニホールドの上に付いています。

サンバー エンジンクーリングファン バキュームセンサー

 

外してみました。

サンバー エンジンクーリングファン バキュームセンサー

 

小さいプラスネジ2本で留められていたのですが、それが結構硬かったです。

電極は4本。

古いのは3極らしいです。

サンバー エンジンクーリングファン バキュームセンサー

 

で、ダメもとで、センサー部分にパーツクリナーをたっぷり吹き付けて洗浄してみましたら・・・

特に変化なく、症状は改善されず。

サンバー エンジンクーリングファン バキュームセンサー

 

という訳で、壊れていると判断して新品を注文しました。

品番 22627KA301

サンバー エンジンクーリングファン バキュームセンサー

 

左が新品。

サンバー エンジンクーリングファン バキュームセンサー

 

本日届いたので、早速取り換えて4kmほど走ってきました。

結果、症状は改善されず。

原因はバキュームセンサーじゃないようです。

 

追記:エンジンコンピューター交換 2022/12/10

センサーが原因じゃないとすれば、元のコンピューターがダメなのでしょう。

新品は高いので、中古(ヤフオク)のエンジンコンピューターを手に入れました。

サンバー エンジンコンピューター

 

交換方法は簡単でした。

ネジを2本緩めて。

サンバー エンジンコンピューター

 

カプラーを3本外すだけ。

サンバー エンジンコンピューター

 

真ん中にあるツメを押しつつ引き抜きます。

サンバー エンジンコンピューター

 

SUBARU (スバル)  純正部品 ユニツト アセンブリ EGI コントロール

品番22611KB440

サンバー エンジンコンピューター

 

入れ替えた結果ですが、不自然なON-OFFは治まらず。

が、その頻度は落ちた気がします。

走行中やアイドリング時に回転が始まり止まらないという現象はいまのところ出ていません。

しかし、長い時間走ったわけではないので、しばらくドキドキしながら様子見です。

 

進展あったら追記します。

 

おわり

タイトルとURLをコピーしました