釣行時の携行品紹介(釣り道具)。

 

ボート釣りするときに持って行く釣り道具を紹介します。

ちょっと前までの釣行時携行品

身軽に釣りに行きたいので、なるべく荷物を少なくしたいところです。

帰ってきてからの片付けの手間も出来るだけ少なくしたい。

その願望を叶えた結果、これだけの荷物になりました。

また、荷物を少なくするためにも、対象魚はカワハギのみとしました。

 

竿

大昔に買ったPOINT BAYの竿。

 

長さは2.1m。

 

リール

リールはシマノ製「TITANOS TANATORU小船 GT500」

気に入って10年以上は使っています。

2年ぐらい前だったと思うのですが、それを紛失してしまいました。

が、その後すぐにヤフオクで状態の良い物を落札。

という事でこれは2台目。

 

仕掛けと小物

小物はメッシュの巾着袋に入れています。

 

水産用ハサミ。

 

刃がむき出しだと危ないので、ホースでカバーを作りました。

 

マルチプライヤー。

PEラインもサクっとカット出来ます。

 

同じくホースでキャップしています。

 

尻手ロープ。

 

吉見製作所の夢の仕掛け(カワハギ仕掛 根掛り解消トレッタ付き )。

長年これを使っています。

 

小物ケース。

 

オモリ(15号・20号・25号)、スナップ付きサルカン、カワハギ針。

 

ホームセンターで買った1,000円ぐらいのソフトクーラー。

 

ペットボトル氷。

 

汚れ物、ゴミ、着替えなど入れるビニール袋。

 

タオル3枚。

 

日焼け止め。

大火傷してから数日間まともに歩けない経験をした事があります。

それから日焼け止めは絶対手放せません。

 

その他に、エサ、飲料水、食料ですね。

以上、数年間はこれだけでやってきました。

が、最近は欲が出てきて、紆余曲折あり、現在は以下のような状態で落ち着いています。

 

最近の釣行時携行品

まぁ、大して変わりません。

 

フカセ釣り用に中通しの磯竿を追加しました。

大昔に買ったシマノの「ZOOM ISO XL」

長さを4.8mから5.3mへと伸ばす事が可能です。

 

リールも大昔に買ったシマノの「ULTEGRA XT2000」

 

クーラーも大昔に買ったリョービの「PRATARGET ULTRA HEXA」

 

中にはダイソーで買った保冷剤(1kg)を2個入れています。

 

仕掛けなどの小物は、パズデザインのウォッシャブルメッシュケース(PAC-227)に入れています。

ウォッシャブルメッシュケース

 

オモリは15号・20号・25号。

主に15号を使っています。

 

尻手ロープ2本。

竿&リールを数本海に沈めた事があるので、これは必須。

 

カラビナからブランチハンガーへ変更しました。

ホームセンターで1個216円也。

 

日焼け止めは変わらず必須です。

 

サビキカゴ。

 

吉見製作所の夢の仕掛け(カワハギ仕掛 根掛り解消トレッタ付き )。

 

フカセ釣りに使う針&ハリスとちびまる90。

 

サビキ仕掛けとちびまる90。

 

餌木。

 

ウキフカセをするときに使うウキ。

 

水産用ハサミとマルチプライヤー。

 

中通し竿用ワイヤー。

 

100円のルアー。

 

鯛ラバ。

 

収納時、針は消しゴムに刺しています。

これでエギ針安全カバーからすっぽ抜ける事を防げます。

 

ハリス。

 

使用済みハリス巻き。

 

テンビン。

 

名称を忘れましたが、お気に入りのオモリ(15号)。

 

小物入れ。

 

ペットボトルをシャワーのようにして使えるようにする道具。

ダイソーで買いました。

 

以上をメッシュケースに入れています。

 

 

洗うときは、オモリやサルカンが入った小物入れだけを取り出してから、メッシュケースごと水に浸して塩抜きします。

あとはそのまま日陰になっている場所に吊るすだけ。

 

釣り道具は以上です。

 

その他諸々

釣り道具以外のその他諸々になります。

ビニール袋

魚、ゴミ、濡れた物などを入れるビニール袋。

 

タオル

タオル3枚(ハンドタオル2枚・フェイスタオル1枚)。

ボートにハンドタオル2枚持ち込み、1枚は魚を掴むときやベタベタになった手拭き用。

もう1枚は自分の顔拭き用。

フェイスタオルはボートに持ち込まず、全ての作業が終わり帰る前に、最後に手と顔を洗ってから使う用。

 

飲料水と食料

飲料水は必須です。

喉が渇いたと感じなくても小まめに水分補給しています。

 

インスタントラーメンを持っていく事があります。

そのときはストーブセットと水も。

 

夏は虫よけも必須。

 

手洗い用の水2リットル。

駐艇場の水道が壊れたため、自分で水を持って行くようになりました。

最初はどれぐらいの水が必要か解らず、20リットルのポリ缶に水を入れて持っていっていました。

しかし、帰る前に手と顔を洗うぐらいしか使わないので、これで充分と結論付きました。

 

釣り道具とその他諸々を合わせてこれが全てです。

※服などはまた別の機会に。

 

それを100円で買ってきた巾着袋へ収納。

普通だったらバッカンを使うのでしょうが、バッカンだと帰ってきてから洗う作業が面倒なので巾着袋にしています。

洗濯機に放り込んでスイッチを押すだけです。

 

以上、今年の夏はこれで決まりです。

あと、手元に無いので忘れていましたが、水汲みバッカン等はボートに置きっ放しです。

また次の機会に紹介させて頂きます。

 

おわり

 

タイトルとURLをコピーしました