アンカーを楽に上げられる道具、ロールンロック(rollnlock)。

アンカーを楽に上げられるようになる道具を紹介します

5キロぐらいまでのアンカーであれば、手でも楽に上げられる事かと思います。

それが5キロ以上になってくると、アンカーを上げるのは一苦労です。

 

ロープを長く出していると、時間も掛かります。

そういう訳で、以前は簡単なアンカーリフターを自作して使っていました。

 

浮力体(フロート、救命浮環、黒球など)にナスカンを取り付けて、ロープには針金を巻き着けた、簡単なやつですね。

大した費用も掛からず、簡単に手作り出来るので、それはそれで良いです。

 

しかし、針金がナスカンに上手く引っ掛からなかったりした場合、またアンカーが沈んでいってしまいます。

そこで、砂浜でボートを引き上げる際に使うために買ったロールンロック(rollnlock)を使ってみる事に。

 

ロールンロックとは、クライミングテクノロジー社の登山で使うプーリーです。

使い方は動画を見て頂ければすぐに理解出来るかと思います。

 

ロープは片側には流れますが、逆側にはロックが掛かって流れません。

解除するのも簡単です。

 

適合ロープ径は8.0mm~13mmとなっておりますが、3mmとかの細いロープでもホールドします。

本体はアルミ製で、バネはステンレス製なので赤錆の心配もなく、80gと軽量です。

 

アンカーを引き上げ途中でボートを止めても、すぐにロープはロールンロックによりロックされた状態となるため、アンカーが再び沈む事はありません。

かなり便利な道具です。

ロールンロックrollnlock

 

画像の白いロープの太さは6mm。

ロールンロックrollnlock

ロールンロック

 

下の画像はロックを解除した状態となります。

ロックが解除され、ロープはフリーになります。

ロールンロックrollnlock

 

現在は手漕ぎボートなので使っていません。

が、船外機付きボートに乗っていたときに、これ1個追加するだけで、楽々アンカーを上げられるようになりました。

 

そのおかげで、アンカーを降ろすか否かと考え躊躇するような事は減りました。

 

おわり

 

タイトルとURLをコピーしました