リョービボートエース GEB-23N③ 自作バーベル型ドーリー

バーベル型ドーリーと船外機を設置

ボートエース船体の重量は約20kgです。

船体のみであれば1人で抱えて運ぶ事が可能です。

 

が、出来ればその他の荷物も全部ボートに積み込んで移動したいもの。

という事で市販のトランサムドーリーを買って試してみました。

 

結果、タイヤの幅が細くて外径が小さいために、砂浜ではほとんど役に立ちませんでした。

 

リョービボートエース GEB-23N② トランサムドーリー
トランサムドーリーを買った ボートエースの船体重量は約20kg。 軽いので1人で持ち上げる事が可能です。 砂浜の上でも、船体だけであれば1人で持ち上げて移動出来ます。 とは言え、20kgの物を抱えて砂浜を...

 

バーベル型ドーリーを自作する

次に、ホームセンターで部材を買ってきて、バーベル型ドーリーを自作。

トランサムドーリーに比べてタイヤの幅も径も大きくなりました。

リョービボートエース GEB-23N③ バーベル型ドーリー

 

2馬力船外機を搭載

また、念願の、ホンダの4サイクル2馬力船外機も買いました。

リョービボートエース GEB-23N③ バーベル型ドーリー

 

バーベル型ドーリーを使って運ぶ

砂浜から出船。

リョービボートエース GEB-23N③ バーベル型ドーリー

 

ドーリーは外してスターン上に収納します。

リョービボートエース GEB-23N③ バーベル型ドーリー

 

バーベル型ドーリーを使ってみた感想

自作のバーベル型ドーリーを使ってみた感想ですが、トランサムドーリーより格段に使いやすかったです。

しかし、ドーリーと船体をしっかり固定してやらないと、ドーリーがふにゃふにゃと暴れてしまいます。

 

そこの部分を解決してやれば完璧でしょう。

 

ボートエースの運搬手段

ちなみに、ボートエースはスバルサンバーで運搬しています。

リョービボートエース GEB-23N③ バーベル型ドーリー

 

船体をひっくり返し、バウ側を持ち上げ、バウが頭上あたりにくるように斜めにすると、荷台に収まります。

ギリギリですが。

ボートエースを積んだままシートを倒す事も可能です。

ボートエース 車載

 

ボートエース編は以上です。

エボシ305へ買い換えました。

 

エボシ305の紹介 辻堂加工株式会社製カートップボート【前編】
カートップボート エボシ305の紹介 辻堂加工株式会社のミニボート「エボシ305」です。 3艇目のボートになります。 スペック 全長:305cm 全幅:120cm 重量:39kg~ 最大搭載...

 

おわり

 

 

タイトルとURLをコピーしました