砂浜対策 倍力システムでボートを引き上げる①

滑車を使ってボートを引き上げる

砂浜で滑車を使ってボートを引き上げようとしました。

結果、長い距離を引っ張るのは無理でした。

 

使った滑車はこれ。

 

この商品は、3連定滑車と4連動滑車の組合せで8倍力になります。

滑車 ブロック 倍力システム

 

【8倍力】

8倍力

 

引っ張る物の重さが 250kg だとして計算してみます。

250 ÷ 8 = 31.25kg

 

空中に引っ張り上げる場合だったら、人の手には 31.25kg + α(アルファ)kg(摩擦などの抵抗)の力が掛かります。

しかし、空中に引っ張り上げるわけではありません。

 

砂浜上を引っ張ります。

砂の抵抗や、勾配、ロープの長さ、摩擦などの要因により数値は変動します。

 

実際に引っ張る為に必要な力はいくつになるのか、私にはさっぱりわかりません。

なので、実際に身を持って体感するしかありません。

 

で、実際に引っ張ってみました。

結果、全く動きません。

 

なぜ動かないのか?何が原因なのか?

足りない脳味噌で考えました。

 

  • ロープの太さを変える。
  • ロープの素材を変える。
  • 滑車を追加する。
  • 滑車を他の物にしてみる。
  • 滑車と滑車の間を短くする。
  • エンジンや備品を全て降ろしてなるべく軽くする。
  • 船体を押してもらう(人員を1名追加)。

 

以上試してみましたが、うんともすんとも動きません。

 

倍力システムでボートを引き上げる

紆余曲折有り、人力で引き上げる事は諦める事に。

ガソリンエンジンで動く、ポータブルロープウインチPCW5000の手に頼る事になりました。

 

ポータブルロープウインチ PCW5000
ポータブルロープウインチ PCW5000 砂浜でボートを引き上げる際は電動ウインチを使っていました。 しかし、電動ウインチだと心もとない。 という訳で、ガソリンエンジンウインチに替える事に。 導入したのはポータブ...

 

結果、ボートは機械で楽々引き上げられるようになりました。

が、それはそれとして、ロープと滑車だけを使って人力で重いボートを動かしたい!

 

と、意地になった部分があります。

そこで情報を探していたところ「倍力システム」というものを知りました。

 

倍力システムはレスキューの現場で使われているようです。

倍力システムの利点として思いつくのは下記のとうり。

 

  1. 滑車の数を減らせる。
  2. 滑車の数を減らす分、滑車の摩擦抵抗を減らせる。
  3. 滑車を減らす分、往来するロープの数が減らせるので、ロープ同士の絡みと摩擦抵抗を減らせる。
  4. ロープの長さを短く出来る。
  5. ロープの長さを短くした分、力が伝わりやすくなる。

 

ロープの長さで比較すると、3 連定滑車と 4 連動滑車の組合せの8倍力で、40mの距離を引っ張るとなると、ロープの長さは、最低 280m にプラスしてαm(ノット分)を追加しなければなりません。

それに比べて、 9 倍力システムの場合だと、最低160m(動滑車の移動によりもっと少なくても可能)有れば大丈夫。

 

滑車の組み合わせ方により、更に高倍力にしつつ、ロープの長さを短くする事も可能です。

 

【9倍力】

9倍力

 

デメリットとしては、動滑車(プルージックコード)の移動に手間が掛かります。

で、実際に9倍力でボートを引っ張ってみました。

 

倍力システムを利用した結果。

あれだけびくともしなかったボートが動きました!

 

【3倍力】

また、3 倍力システムでも動きました!

3倍力

 

動く事には動きましたが・・・

 

砂浜対策 倍力システムでボートを引き上げる②
3連定滑車と4連動滑車を組合せた8倍力ではボートを動かせませんでした。 それが倍力システム(3倍力)を使って動かす事に成功。 【前回の記事】 倍力システムでボートを引き上げる 前回は3倍力システムでボ...

 

つづく

タイトルとURLをコピーしました