砂浜対策 倍力システムでボートを引き上げる②

3連定滑車と4連動滑車を組合せた8倍力ではボートを動かせませんでした。

それが倍力システム(3倍力)を使って動かす事に成功。

 

【前回の記事】

砂浜対策 倍力システムでボートを引き上げる①
滑車を使ってボートを引き上げる 砂浜で滑車を使ってボートを引き上げようとしました。 結果、長い距離を引っ張るのは無理でした。 使った滑車はこれ。 この商品は、3連定滑車と4連動滑車の組合せで8倍力...

 

倍力システムでボートを引き上げる

前回は3倍力システムでボートを動かす事に成功。

しかし、3倍力だと、1回引っ張るのにかなりの力が必要でした。

 

ボートが手元に来るまで、その力を出し続ける事は絶対不可能なぐらいの力が必要。

であれば、高倍力にしてやれば問題解決!

 

という訳で9倍力でやってみました。

が、今度は引っ張っても引っ張っても、なかなかこちらに寄ってきません。

 

また、アンカーからボートまでの距離が遠いと、長いロープが必要になります。

その長いロープ同士が絡み合います。

 

その絡みを解く為に、何度も何度も砂浜を往復する羽目になり、作業の中断を余儀なくされました。

もうヘトヘト。

 

倍力システムを使って何とかボートを動かす事は出来ました。

しかし、なかなか思うように引っ張れず、途中で力尽きてしまう事に。

 

改善が必要です。

改善点は2つ。

  1. ロープ同士が絡まないようにする
  2. 引っ張ったロープが逆戻りしないようにする

 

現場で作業をする前に、自宅で何十回とシュミレーションを行いました。

そこで、ロープの絡みと、ロープの逆戻りは想定内となります。

 

が、実践してみると、ロープが交差する事によって、想像以上に抵抗が生じる事を知ります。

更に、ロープの逆戻りで大きくロスが出てしまいます。

 

実践したときの様子

使用道具

【滑車】

今回使用した物です。

滑車 ブロック 倍力システム

 

【アンカー】

ガッチリ動かないようにアンカーを設置します。

浅く入っていますが、砂のすぐ下は草の根っこが張っているため、簡単には抜けません。

砂浜対策 倍力システムでボートを引き上げる②

 

【ロープ】

ロープの太さ6mm。

長さは100m。

 

3倍力でボートを引っ張る

3倍力で引っ張っております。

エンジンは降ろしています。

 

3倍力だとロープの往来は少ない。

また、距離が短いとロープも絡まず何とか引っ張れます。

 

しかし、1回1回引っ張るのに、かなりの力を要します。

砂浜対策 倍力システムでボートを引き上げる②

 

9倍力でボートを引っ張る

長い距離を9倍力で引っ張ります。

距離が長いと、ロープ同士が絡み合い、重くて引っ張れなくなります。

砂浜対策 倍力システムでボートを引き上げる②

 

ロープがなかなか思うように動いてくれません。

ビヨンビヨン跳ねてすぐに絡まる。

砂浜対策 倍力システムでボートを引き上げる②

 

絡みを解くために砂浜を何度も往復して疲れ果てました。

砂浜対策 倍力システムでボートを引き上げる②

 

しかし、全く動かない状況から一歩前進しました。

が、段取りが悪かったり想定外の事が起きて途中でギブアップ。

 

一旦帰宅して再考する事に。

 

つづく

 

砂浜対策 倍力システムでボートを引き上げる③
前回、時間と労力は掛かりましたが、倍力システムを使って何とか重いボートを動かす事が出来ました。 砂浜対策 倍力システムでボートを引き上げる 頻繁に海に行けるわけではありません。 1回実験しては、次は数ヵ月後...
タイトルとURLをコピーしました