トピークのロードモーフを分解する。

トピークのロードモーフです。

もう10年以上使っています。

トピークのロードモーフを分解する。

 

ヒンジ部分。

ここが折れやすそうなので、いつも心配しながら足で踏んでいます。

 

しかし、意外と丈夫でなかなか折れません。

ヒンジが折れたら買い換えようと思っているのですが、まだまだ先になりそうです。

トピークのロードモーフを分解する。

 

底。

トピークのロードモーフを分解する。

 

ゲージ付き。

トピークのロードモーフを分解する。

 

このゲージのメモリが8になると、空気圧は約100psiになります。

※空気圧計で確認しました。

トピークのロードモーフを分解する。

 

私のバイクフライデーのタイヤの適正空気圧は100psiです。

という訳で、忘れないように「バ 8」とメモしています。

 

「サ 7」はクロスバイク用です。

トピークのロードモーフを分解する。

 

ヘッド部分が少し伸びます。

トピークのロードモーフを分解する。

 

ハンドルは握りやすいです。

手が痛くなりません。

トピークのロードモーフを分解する。

 

ヘッドは米式と仏式バルブに対応しています。

米式と仏式の切替は、パッキン(右から2番目と3番目の部品)を裏返します。

トピークのロードモーフを分解する。

 

米式バルブ用。

トピークのロードモーフを分解する。

 

仏式バルブ用。

トピークのロードモーフを分解する。

 

米式バルブ用にすると、パナレーサーに付属していた英式用アダプターが装着出来ました。

トピークのロードモーフを分解する。

 

一度だけ継ぎ手部分のゴムが割れた事があります。

割れた部分だけを切って繋ぎなおしました。

 

少しホースが短くなりましたが、問題無く使えています。

トピークのロードモーフを分解する。

トピークのロードモーフを分解する。

 

シャフトを抜く。

トピークのロードモーフを分解する。

トピークのロードモーフを分解する。

 

パナレーサーのミニフロアポンプを分解した際に、中から逆止弁みたいな丸いゴムが出てきました。

同じようなゴムがロードモーフにも有るのか確認してみたところ、何も有りません。

トピークのロードモーフを分解する。

トピークのロードモーフを分解する。

 

ちなみに、今年の夏は結構自転車に乗りました。

という訳で毎日空気入れをする事に。

 

空気入れの際、ヘッドをバルブに脱着するのにはちょっとしたコツと力が必要です。

その脱着作業が非常に面倒くさい。

 

そこで、バルブへの脱着が容易と評判のヒラメのポンプヘッドの購入を検討する事に。

しかし、価格がなんと1万円近くまでになっていました。

 

ちょっと高すぎるので安くなったときに買おうと思います。

 

ヒラメポンプアダプターヘッドを使って延長ホースを作る。(KUWAHARA HIRAME)
空気入れはミニフロアポンプを使っています。 本体は小さいほうが良いのですが、ホースの長さはもう少し欲しいところです。 という事で作ってみました。 ヒラメポンプアダプターヘッドにトピークのホースを接続。 ...

 

おわり

 

タイトルとURLをコピーしました