ボートカバーの話 その4 エコ超厚手UVシート#5000使用開始

エステル帆布トラックシートの耐用年数

エステル帆布トラックシートを2枚使っていました。

こんな感じで前と後に分けてボートに掛けます。

エステル帆布 ボートカバー

 

2枚に分けた理由は2つあります。

 

  • 取り扱いやすくする。
  • 破れたら破れたほうだけ交換して経費削減。

 

以上のような理由です。

 

しかし、2枚にする事で、隙間から葉っぱや雨水が入りやすくなり、デッキが汚れます。

たまに猫も入り混んできます。

これが想定外だったので、2枚案を失敗に感じました。

 

破れたほうだけを変える案ですが、1枚は4年と数か月で穴が開きました。

で、もう1枚は5年弱使い続け、途中、ボートを買い換えたので、まだ使える状態で捨てました。

商品説明に偽りなしと言えます。

 

UVシート #4000

ボートを買い換えたのでカバーも新調。

買ったのは「UVシート #4000」

ボートカバー

 

使い始めて1年後、金具に触れていた部分に穴が開きました。

それからちょこちょこと他にも数か所穴が開き始めます。

ガムテープで補修しつつ使用。

ボートカバー

 

ほどなくして、ボートを飛ばされる台風被害にあい、ズタズタに。

こうなったら買い換えるしかありません。

ボートカバー

 

エコ超厚手UVシート  #5000

出来ればエステル帆布トラックシートを使いたい。

が、値段が高いのでまた同じ物(UVシート#4000)を買おうとしたら、#5000という物を見つけました。

値段はUV4000より高いが、エステル帆布よりかは安い。

商品説明には耐久期間は4~5年と記載されています。

本当にそれだけ使えれば御の字です。

ボートカバー

 

破れの原因になる突起物を一切排除してからカバーを掛けました。

値段が#4000の倍なので、2年持てば良いでしょう。

が、出来れば3年使いたい。

数年後にまた続きを書きます。

ボートカバー

 

【追記】

ボートを処分したので捨てました。

使用期間は7か月弱。

酷い劣化は感じられず、まだピカピカしていました。

 

おわり

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました