ボートのオールは大事

手漕ぎボート オール

 

アルミ製のオールを使っています。

風情があって水に浮く木製のほうが好きなのですが、装備品はなるべく軽くしたいと言う理由でアルミ製を選びました。

 

ボート オール

 

そのオールですが、大きいし、嵩張るし、邪魔だし、扱いに気を使わされるしで、常々非常に厄介な物と感じています。

 

割れたオールブレード

 

また、予期せぬはずみでオールを折ったり、ブレードを割ったり、オールクラッチが外れたりして、何度かボート釣りを中断せざるを得ない事があった。

そんな訳で、私はオールに対して愛着が持てない。

 

とは言うものの・・・

ミニボートにオールは必須。

手漕ぎボートの場合は無ければ始められない。

オールにトラブルが起きたとなると、海上でボートのコントロールが難しくなり、最悪は漂流です。

改めてそんな事を考えてみると、オールに対しての考えを改めなくちゃダメですね、

オールは命綱なので、しっかりメンテナンスをしてやり、扱いには気を付けないと。

 

オールは大事にしてやらねば!

以上、改めてそんな事を考えさせられる今日この頃です。

 

おわり

 

タイトルとURLをコピーしました