カヤックカートはファクトリーゼロ製のコンポドーリーにしました

初めてのカヤックカート

初めて買ったカヤックカートはこれ。

 

値段が安い、ノーパンクタイヤ、軽い、ハッチ内に収納出来る。

安いなりの質感だが、粗悪感は無い。

カヤックカート ドーリー

 

ベルトはこんな感じでフレーム2か所に通すとズレにくい。

カヤックカート

 

軽いカヤックであればこれで十分。

カヤックカート

 

追記

当時、砂浜を少し移動するときに使うぐらいだったので、私はこれで十分でした。

しかし、長い砂浜で使う場合はちょっと辛いと思います。

カヤックが重ければなおさら。

そこにバルーンタイヤ仕様のカートで、楽々運搬している様子を見せつけられたりすると、絶対欲しくなるので、初めて買うなら最初から幅広タイヤ仕様が賢明。

私はドーリーをハッチ内に収納したかったので、バルーンタイヤ仕様は諦めました。

 

収納性を求める場合はバラバラに分解出来るタイプがある。

噂に聞くところでは良いらしいけど、自分で使った事は無いので使用感は不明。

 

私が現在使っているのはファクトリーゼロ製のコンポドーリーワイド。

砂浜移動が辛くなったのでAタイヤに交換して使っています。

 

ホリデーロード システムキャリーS

しかし、悪い癖で、他の物を試したくなります。

次に、ホリデーロードさんのシステムキャリーSを購入。

ホリデーロード

 

厚いアルミで丁寧に作られている印象。

取っ手が付いて持ち運びが楽。

カヤックカート ホリデーロード

 

このクッション材が気になったので・・・

カヤックカート ホリデーロード

 

初めて買ったカヤックカートのクッション材を。

カヤックカート ホリデーロード

 

外して。

カヤックカート ホリデーロード

 

装着しました。

カヤックカート ホリデーロード

 

良い感じ。

カヤックカート ホリデーロード

 

本体とタイヤ部分の分離が可能。

カヤックカート ホリデーロード

 

分解すればコンパクトになってハッチに収納可。

カヤックカート ホリデーロード

 

追記

砂浜で使う場合はスタンドが砂に埋まるので安定性が悪くなる。

カヤックカート

 

ベルトを縛る作業が面倒。

ベルトで一つにまとめると、それなりに重みを感じる。

その重みと角ばった部分により、ハッチ内に収納した際、FRPに穴を開けやしないかと想像しては気を使わされる。

簡単に穴が開く事は無いと思いますが・・・

カヤックカート

 

波に揺られて、ハッチの中でガリガリとFRPを削りそうなので、対策として、厚手の袋に入れて収納する。

こうすると気分的に安心。

カヤックカート

 

ファクトリーゼロ コンポドーリーワイド F200W

もっと他に使いやすい物は無いか?

そう感じて次に買ったのが、ファクトリーゼロ製のコンポドーリーワイド(F200W)。

システムキャリーSに比べるとガッチリ感は劣る。

コンポドーリーの最大積載量は40kg。

システムキャリーSの半分以下になる。

私のカヤックは、道具を全て積み込んだ状態で約35kgなのでいけます。

タイヤの細さは移動距離が短いのでさほど気にならない。

 

【追記】とはいえ、砂浜移動は慣れないとそれなりにきつい。装備品と移動距離が増えたのを機に、Aタイヤに交換しました。

【コンポドーリー】重さに耐えかねて大きいタイヤに交換した【砂浜】
重さに耐えかね大きいタイヤに交換した カヤック運搬用にファクトリーゼロ製のコンポドーリーワイド(F200W・Eタイヤ)を使っています。 タイヤが細いけれど、軽いカヤックなのでこれで十分。 とか思っていたのですが...

カヤックカート ドーリー

 

システムキャリーSと比較。

接地面が3点から4点になり、長いフレームのおかげで安定性が増した。

カヤックカート

 

船体受部分も幅広になり、船体との固定にも安心&安定感が増す。

カヤックカート ドーリー

 

本体は軽いがどっしりするので、カヤックを載せる際、横からぶつけてしまったとしても倒れる事がない。

カヤックカート

 

タイヤ外径はシステムキャリーSのほうが大きい。

カヤックカート

 

カヤックカート ドーリー

 

システムキャリーSはベルトで縛って一つに纏められる。

コンポドーリーは、システムキャリーみたいに1つにまとまらないし、棒が長いのでガチャガチャ感が否めずスッキリしない。

カヤックカート ドーリー

 

最初はそれを難点に感じたけれど、使っているうちにそのほうが扱いやすいと気付いた。

システムキャリーSは重い塊になり、角ばっているので、FRPへのダメージを考えると心配。

コンポドーリーは部品がバラバラになるので個々が軽くなり、FRPへのダメージを考えるには及ばない。

分解すればハッチへの出し入れがやりやすく、裸のまま放り込める。

カヤックカート

 

フレームだけなら小径のインスペクションハッチから入れられる。

※奥行に余裕がある場合に限る。

ファクトリーゼロ コンポドーリー

 

分解したら1個の部品が軽く薄くなり角が無いので、バッグのちょっとした隙間に無理やり無造作に押し込める。

カヤックカート ドーリー

 

車軸の幅が広いので、スペーサーを交換すれば、ファクトリーゼロ製の他の太いタイヤに交換可能。

「細いタイヤに疲れたので太いタイヤにしたい」

なんて事がすぐ出来る。

出費が嵩みますが・・・

カヤックカート 自作

 

ちなみに、コンパクトさを求め、ワイド(F200W)じゃないほう(F200)を真似てシャフト長を短くして使ってみました。

その際、ちょっとした傾斜に勢いよく乗り上げたとき、そのまま横転させる事に。

シャフトはワイドタイプのほうが安心。

コンポドーリー

 

という訳で、少し回り道をしてコンポドーリーに辿り付きました。

これが最終形と判断し、ドーリー探しの日々からは解放されました。

コンポドーリー

 

カヤックカートをちょっと改造して使いやすくした
コンポドーリー改造 コンポドーリーを更に使いやすくするため、気になる箇所を改善しました。 クイックリリースピンへ変更 分解組立をする際に、この松葉ピンを抜き差ししなければなりません。 なんて事ない作業ですが、この...
【コンポドーリー】重さに耐えかねて大きいタイヤに交換した【砂浜】
重さに耐えかね大きいタイヤに交換した カヤック運搬用にファクトリーゼロ製のコンポドーリーワイド(F200W・Eタイヤ)を使っています。 タイヤが細いけれど、軽いカヤックなのでこれで十分。 とか思っていたのですが...

 

おわり

 

タイトルとURLをコピーしました