トローリング用仕掛け巻きの作成。

現在乗っているボートは釣りの為に買いました。

大きさは8フィート。

 

普段はオールを使って手漕ぎで使用しています。

ですが、センターボード、ラダー、セールも設置出来るので、セーリングも出来ます。

 

という訳で、セーリングしながらトローリングをしてみました。

が、超狭小の甲板上で、ロッドホルダーと竿を出すのは厳しい事を実感。

 

次回からは竿やロッドホルダーなど、セーリングの邪魔になる物は持ち込まず、仕掛けだけで挑もうと思います。

という事で、端材でトローリング用の仕掛け巻きを作りました。

トローリング用仕掛け巻き (1)

 

カットして、ドリルで穴を開けて完成。

トローリング用仕掛け巻き (1)

 

糸を巻きます。

糸の長さは100m。

トローリング用仕掛け巻き (1)

 

サーフトローリング用仕掛け(マウス)。

トローリング用仕掛け巻き (1)

 

マウスを仕掛け巻きに巻いてから気付きましたが、針金がはみ出してしまいまい、綺麗に収まりません。

もう一度作り直すか、マウスの針金をカットするか、それとも気にしないようにするか。

トローリング用仕掛け巻き (1)

 

コンパクトになったので、船上での取り扱いは容易になるでしょう。

あと、糸は100mも使わないので、半分の長さにしようかと思います。

 

果たして使い心地はどうなのでしょうか。

本格的な寒さが訪れる前に試してみたいと思います

 

ディンギーでセーリングしながらトローリング。
先日、小さいディンギーでセーリングしながらトローリングをしてみました。 その際、マスト、セール、ロープ類により、釣り竿の動きを阻まれ、難儀しました。 という訳で、今度は手釣り用仕掛けで挑戦してみることに。 ...

 

おわり

タイトルとURLをコピーしました