ヤマハのボート F17の紹介【後編】

前編はこちら。

 

ヤマハのボート F17の紹介【前編】
マリンシックス製14FTの和船から、ヤマハのF17へ乗り換えました。 搬送費用 ボートは自分でトラックを運転して大阪まで引取に行きました。 参考までに掛かった搬送費用を紹介します。 日程と経路 ...

 

ロッドホルダー設置

釣り座の場所が多くなったので、どこで釣りをすれば良いのか迷います。

その結果、出来うる限りロッドホルダーを設置する羽目に。

 

イケスに座ってやるとき用。

ボート ロッドホルダー

 

操船しながらやるとき用。

ボート ロッドホルダー

 

後部座席に座ってやるとき用。

ボート ロッドホルダー

ボート ロッドホルダー

 

深場に行くようになったので電動リールを導入。

それに伴いダイワのパワーホルダーも導入。

ボート ロッドホルダー

 

電源はキャビン内から引っ張ってきます。ボート ロッドホルダー

 

陽射しが強い時はロッドホルダーをパラソル立てとして利用。

ボート ロッドホルダー

 

こんな感じになります。

ボート ロッドホルダー

 

ボート ロッドホルダー

 

船外機 エンジン

主機 ヤマハ 2スト 40馬力

主機はヤマハ・2スト・40馬力。

ヤマハ ボート 2スト 40馬力

 

2ストの船外機というものを初めて使いました。

2スト船外機を使用するにはレギュラーガソリンにオイルを混ぜた混合燃料を作らなければいけません。

そのオイルが燃えた排気を嗅ぐと気分が悪くなる。

ヤマハ ボート 2スト 40馬力

 

1人乗船の場合は滑走します。

2人乗船すると勢いよく滑走する事はほぼ出来なくなります。

 

補機 スズキ 4スト 5馬力

補機はスズキ5馬力。

和船を手に入れたときに買ったやつです。

 

和船 マリンシックス14Fの紹介
マリンシックス 和船 14F 格安で中古の和船を入手しました。 格安の係船場も付き。 マリンシックス製で大きさは14FT。 安い分状態は悪かった。 譲り受けたときには2スト15馬力のエンジン...

 

ここで役立てられました。

ヤマハ ボート 2スト 40馬力

 

スターンの物入れの上に座ればティラーハンドルも難無く操作可能。

手漕ぎボートを緩く漕いだときと同じぐらいのスピードで推進します。

ヤマハ ボート 2スト 40馬力

 

主機 ヤマハ 4スト 50馬力

しばらくして主機を4スト50馬力に換装しました。

ヤマハ ボート 船外機 50馬力

ヤマハ ボート 船外機 50馬力

 

リモコンも交換。

ヤマハ ボート 船外機 50馬力

 

アワーメーターを設置。

ヤマハ ボート 船外機 50馬力

 

発電量は十分だし、補機も積んでいるので、バッテーリーは1個に。

ヤマハ ボート バッテリー

 

4ストエンジンにした事で混合ガソリンを作る手間から解放されました。

ヤマハ ボート燃料タンク

 

燃料フィルターを設置。

ヤマハ 燃料フィルター

 

初めてエンジンを掛けた時は「あれ?エンジン掛かってない?」

と思わされたほど音が静かに感じました。

 

同じ4ストでもトーハツ製の15馬力を使っていたときはそれなりに音がしていたけれど。

これぐらいのサイズだと15馬力より静かかも?

実際には解りませんがそんな感覚です。

ヤマハ ボート 船外機 50馬力

ヤマハ ボート 船外機 50馬力

 

燃費が良くなったので遠出する機会が増えました。

ヤマハ ボート 運転席

 

で、F17でしばらくは満足していたのですが。

更に大きなボートが欲しくなります。

 

次は20フィートを。

と考えていたのですが、結果、20フィートには行かず。

 

日産のシーブリーズ500に乗り換えました。

 

日産ボート シーブリーズ500の紹介【前編】
日産シーブリーズ500 日産のプレジャーボート「シーブリーズ500」を紹介します。 大きさは17フィートです。 初めて見たときハルが「かなり分厚い」という印象を抱きました。 ちょっとの波じゃビクともしないという感...

 

おわり

 

タイトルとURLをコピーしました