カヤックカートをちょっと改造して使いやすくした

初めてのカヤックカート

初めて買ったカヤックカートはこれ。

 

値段が安いし、ノーパンクタイヤだし、しっかり船体に固定出来るし。

初めて買うカートとしてはこれで問題無く、長く使えると思います。

カヤックカート ドーリー

 

ホリデーロード システムキャリーS

しかし、悪い癖で、他の物を試したくなるんですよね。

という訳で、2台目に買ったのが、ホリデーロードさんのシステムキャリーS。

ホリデーロード

カヤックカート ホリデーロード

 

このクッション材が気になったので・・・

カヤックカート ホリデーロード

 

初めて買ったカヤックカートのクッション材を。

カヤックカート ホリデーロード

 

外して。

カヤックカート ホリデーロード

 

装着しました。

カヤックカート ホリデーロード

 

良い感じ。

カヤックカート ホリデーロード

 

分解すればコンパクトになってハッチに収納可。

カヤックカート ホリデーロード

カヤックカート ホリデーロード

 

ファクトリーゼロ コンポドーリー

更に、もっと使いやすい物が他に無いか?

そう考えて次に買ったのが、ファクトリーゼロ製のコンポドーリー。

ファクトリーゼロ コンポドーリー

カヤックカート ドーリー

 

私のカヤックは、道具を全て積み込んだ状態で約35kgになります。

それぐらいであれば幅の細いタイヤでも大丈夫。

カヤックカート ドーリー

 

タイヤ径はシステムキャリーのほうが大きい。

カヤックカート ドーリー

 

コンパクトさはシステムキャリーが有利に感じます。

カヤックカート ドーリー

 

コンポドーリーは、システムキャリーみたいに1つにまとまらないので、ガチャガチャ感が否めません。

ガチャガチャして、纏まりが悪いのを難点に感じるところですが、実際にはそれが良かった。

バラバラだと出し入れがやりやすく、バッグのちょっとした隙間にも収める事が可。

カヤックカート

カヤックカート ドーリー

 

また、安定感が良くて、倒れようがない。

カヤックが乗せやすい。

カヤックカート

 

車軸の幅が広いので、カラーを外せばファクトリーゼロ製の太いタイヤも装着出来ます。

まぁ、そうする事は無いでしょうが。

カヤックカート 自作

 

コンポドーリー改造

コンポドーリーを更に使いやすくするために、気になる箇所を改善しました。

 

分解や組立をする際に、この松葉ピンを抜き差ししなければいけません。

なんて事ない作業なのですが、この作業が地味に面倒。

カヤックカート 改造

 

部品が小さく無くしやすいし、管理も地味に嫌。

カヤックカート 改造

 

対策として、「クイックリリースピン」に入れ替え。

カヤックカート 改造

 

このボール部分のおかげで松葉ピンが不要となります。

カヤックカート 改造

 

クイックリリースピンの方がちょっと太かったので・・・

カヤックカート 改造

 

少し穴を広げて装着。

これで一瞬でスパっと抜き差し出来るようになりました。

カヤックカート 改造

 

カラーは固定されていないので、ズレやすく外れやすいです。

案の定、いつの間にか1個無くしました。

また無駄な出費と手間を掛けなくちゃけないと考えると、ほんと憂鬱。

もう絶対無くしたくない!

カヤックカート 自作

 

という訳で、残ったカラーを半分にカットして、リベット留めに。

これでズレも紛失リスクも解消。

カヤックカート 改造

 

Dリングも外した際の管理に手間取るので、ゴムでDリングどうしを繋げる事に。

カヤックカート 改造

カヤックカート 改造

 

クイックリリースピンも紐で結ぶ。

カヤックカート 改造

 

これで無造作に作業を行ったとしても、後で「あれ? 無い! どこいった!?」

なんて事は皆無になります。

現場でいちいち考えたり気を使わなくて良いように、事前に出来る事は出来るだけ対処しておきたいところです。

カヤック カート 改造

 

以上、探し物する無駄な時間や紛失リスクの削減成功!

 

おわり

 

タイトルとURLをコピーしました