ボストンホエラー11 船内への浸水と補修

浸水に気付く

砂浜から出港しています。

砂浜の上でボートを引っ張る際、いつの頃からかボートが重いと感じるようになりました。

 

「なぜ?」

と、頭をかしげる事に。

 

それからしばらくして、砂浜の上でランチャーがスタックするように。

うんともすんとも身動きが出来なくなってしまいました。

 

そこでやっと「浸水」を疑います。

浸水なんてあり得ないと思い込んでいたので、気付くのに長い時間が掛かりました。

 

考えられる場所は排水口部分。

ボート 自動排水

 

の、船底側のココ。

ボート 自動排水

 

水が入り込むとしたらココ以外は考えられない。

ここからジワジワ浸水したのでしょう。

自動排水 ボート

 

浸水確認

船体になるべく穴を開けたくないので、既に穴が開いている場所を利用して確認する事に。

バウハッチの物入れ部分です。

 

浮力材を充填する為に使う穴です。

そこを開けてみます。

ボート 浸水 補修

 

たっぷりと浮力材が充填されています。

これを撤去するのはかなり大変でした。

ボート 浸水 補修

 

小さい穴だと埒が明かないので、新しく甲板に穴開けする事に。

やりたくないけれどしょうがない。

インスペクションハッチ 設置 ボート

 

浮力材をある程度撤去してみると、このようにたっぷりと浸水している事が確認出来ました。

ボート 浸水 補修

 

浮力材の撤去作業に使った道具はコレ。

ホームセンターで見つけました。

 

名前は判りません。

ボート 浮力材 撤去

 

尖ったり、カーブだったり、直線だったりが一緒になっているので使いやすかったです。

手が届かない場所は柄の部分に塩ビ管を繋げて延長して使いました。

ボート 浮力材 撤去

 

甲板の穴開けと浮力材の撤去

確実に浸水している事が判りました。

という訳で、補修の為の新たな穴開け加工は免れません。

 

ここに穴開けしたくなかったが、泣く泣く決行。

ボート 浸水確認

 

穴を開けて充填された浮力材をひたすら取り除いていく事に。

浮力材のほうはたっぷり水分を含んでいます。

 

狭い穴から手を入れて行う為、かなり大変な作業でした。

ボート 浸水 補修

 

更にバウに向けて掘り進み、バウのハッチへと貫通させました。

ボート 浸水 補修

 

で、問題のドレン部分。

上と下の穴を元々設置されていたパイプで繋ごうとしても、どーやっても繋がりません。

 

これが精一杯。

ボート 浸水 補修

 

補修作業

新たな部品を使って甲板と船底を繋ぎます。

甲板側にスルハルを設置。

自動排水 ボート

 

船底側にもスルハル。

ここはケチらず、接着には塩水への耐性や耐候性に優れた3Mの防水シーラントを使用。

ボート 自動排水

 

スルハルの長さが長過ぎて、そのままでは甲板側と船底側のスルハルどうしがぶつかります。

という訳で数センチカットしました。

 

そこにホースを接続。

場所が狭いせいで、設置作業に難儀しましたが、無事に完了。

 

浸水は皆無となりました。

ボート 自動排水

 

スターンには水抜きの用のドレンプラグを設置。

ボート 浸水 補修

 

ついでにバウアイも設置。

ボート バウアイ

ボート バウアイ設置

 

インスペクションハッチを設置して完了となりました。

ボート インスペクションハッチ

ボート インスペクションハッチ

 

ボストンホエラー11 ロッドホルダー変換
真っ新な頃。 とりあえず第一精工の受太郎を設置してみた。 次にリガーマリン製のスーパーロッドホルダー。 あと、ダイワパワーホルダーCP・BOAT用の、リーガーマリン製平面用取り付けベースを設...

 

 

おわり

タイトルとURLをコピーしました