【カヤック】長いパドルで漕いだら直進性が良くなった【操作性】

私のカヤックは船底がフラットなので直進性が悪く、方向転換も難しく、望む方向へ進むのがままなりません。

それもラダーを使う事で問題は解消されます。

直進性が良くなり、方向転換も容易になる。

が、パドル操作だけで華麗に漕ぎ進めたいと思い、ラダーを使わないで漕げるように練習していました。

パドル 短い 長い 操作性

 

使用しているパドルは、全長が短くてブレードが小さなもの(2.0m)。

カヤックを始めてからそれをずっと使ってきました。

【上2.5m 下2.0m】

カヤック パドル 操作性 短い 長い

 

それがあるとき気分転換にと思い、長いパドル(2.5m)を使ってみたところ、艇のコントロールが容易になった感覚を覚えました。

短いパドルに比べて、真っ直ぐ進むのも方向転換も楽に行えるようになった。

カヤック パドル 操作性

 

なんでそうなるのか? 考えてみた。

長さ2.5mと2.0mのパドルの違いを比較してみると、一目瞭然で作用点に大きな差が出る。

カヤック パドル 操作性 短い 長い

 

また、短いパドルだと、パドルを縦にして海に突き刺すような形で漕ぐ事になります。

長いパドルだとその逆。

ゆえに、支点と作用点の差が更に広がる。

あと、当然ブレードの大きさにも左右される事になる。

長いパドル

 

パドルを1の力で漕いだ時、漕いだほうと反対の舷に同じように1の水圧を受けて力が相殺され、その結果舳先が左右に大きくブレる現象は起こらない。

また、力の均衡が良い分、片方へ傾いた場合の修正も容易。

という訳で、長いパドルで漕いだ場合、諸々のバランスがいい塩梅で保たれる事になるので直進を保持しやすくなると考えました。

カヤック パドル 操作性 短い 長い

 

短いパドルの場合は、パドルを漕いだときの力と、船体へ受ける力は相殺出来ていなかったと言えるかも。

短いパドルの場合はパドルを縦にして海に刺す形で漕ぐ事になる。

漕ぐ事で推進力は得られるが、支点と力点の間隔が狭い分、船体を横へ振ろうとする力は小さなものになる。

そうすると、船体に掛かる1に対抗する1の漕ぐ力までは発揮出来ない。

ゆえに傾いたまま前進する事になる。

という事ではないだろうか?

それが判っていなかったので、舳先が右に傾いた状態のとき、必死に右側を漕いだところで、舳先は一向に左へ振られないので混乱する事になっていた。

カヤック パドル 操作性 短い 長い

 

短いパドルの場合、水圧1に抵抗する1の力を出すには、手を大きく外側へ伸ばし、ブレードをなるべく船体から離して、大きな円を描くように漕がなければならない。

非常に疲れるし、度々やれる事ではありません。

カヤック パドル 操作性 短い 長い

 

という訳で、短いパドルがお気に入りだったのですが、パドルを3本使ってみたところ、艇のコントロールを容易にするのは2.5mがベストと感じたので、それ以降2.5mをメインに使っています。

パドル 長い 短い

 

私のカヤックは中古艇ですが、付属品として2.5mのパドルが付いていました。

ネットで同じ2.5mのパドルを探してみたけれど見つけられません。

そんなパドルがどういう訳か付いていた。

メーカーが推奨していたのか、もしかして前オーナーが艇に合ったパドルを探り当てたのか?

いずれにしろ、2.5mのパドルが付属していなかったら、延々と悩まされ続ける事になったのかと想像すると「助かった」なんて思いを巡らされた次第です。

 

パドルの選択は、諸々のバランスが絡み合う事なので、ベストな選択は難しいところでしょう。

そんな事をいちいち考えるまでも無く、ラダーやキールを設置してやる事で、問題は解消されるのしょうが。

それらを使いたくなかったり、艇のコントロールに難を感じた場合、パドルの長さを変えてみるのは一考かもしれません。

キール自作 カヤック

 

おわり

 

タイトルとURLをコピーしました