スバルサンバー(TT2)のブレーキパッドを自分で交換してみました。

サンバー ブレーキパッド交換

スバルサンバー(軽トラック)のブレーキパッド交換を自分でやってみました。

サンバーの年式は平成19年(2007年)。

形式はLE-TT2。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

ちなみに、ブレーキパッド交換は今回初めて行います。

あらかじめネットにて作業工程を勉強してから取り掛かりました。

実質作業時間は約30分ほどで完了。

【追記】

2回目を行ったので気付いたところを追記しました。

過去の記述はそのまま残します。

使用道具

今回作業を行うにあたって用意した道具です。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

ジャッキ。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

輪留め。

運転席側の作業をする場合は、左後輪に輪留め。

助手席側の作業をする場合は、右後輪に輪留め。

ブレーキパッド交換

 

(左)トルクレンチとソケットは19mm。(ホイールナットを締め付けるときに使用)

(中)ラチェットレンチとソケットは12mm。(または12mmレンチ)

(右)モンキーレンチ。(または17mmレンチ)

サンバー ブレーキパッド 交換

 

キャリパーカバー止め用として養生テープ。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

手拭き用の濡れたタオルと軍手。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

汚れ落とし用としてクリーナーキャブ。(ブレーキ専用品ならなおよし)

サンバー ブレーキパッド 交換

 

スポイト。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

ディスクブレーキセパレーター。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

サンバー用ブレーキパッド。

スバル純正の品番は26296TC080(シム、クリップのセット)。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

【追記】

長年、タイヤの脱着には車載工具を使用していたのですが。

新たな工具を導入してみました。

ここはブレーキパッド交換と直接関係無い話なのでスルー可。

ホイールナット脱着工具

 

インパクトレンチ用ソケット。

これは買いだ!と思い、即購入に至ったのですが、インパクトレンチの音が近所迷惑になると思い、まだ1回も使っていません。

なので使用感は不明。

一刻も早く作業を完了させたいときにでも使ってみます。

ホイールナット脱着工具

 

全長380mmのロングスピンナーハンドル。

これでホイールナットを楽に緩められるようになりました。

ホイールナット脱着工具

 

ナットが緩んだら真っ直ぐにして、いくらか早回しも出来る。

ホイールナット脱着工具

 

左側のソケットは以前使っていたやつ。

トルクレンチでホイールナットを締める際、手がタイヤに当たって使い辛かったので。

右のディープソケットを新たに購入。

 

これで随分と作業がやり安くなりました。

ホイールナット脱着工具

 

一番多様しているのはこれ。

ホイールナット脱着工具

 

高いトルクは掛けられるし。

ホイールナット脱着工具

 

T字レンチみたいにして、早回しが可能。

ホイールナット脱着工具

 

車に積みっぱなしでケースはカビてしまいましたが。

ホイールナット脱着工具

 

あと、気になって、キャリパーを押し戻す工具も追加。

これもはまだ使ってない。

次回使ってみます。

ブレーキセパレーター

 

作業開始

ここから本題。

ネット情報によると、ブレーキピストンを戻すときにブレーキフルードが溢れ出るとの事。

【追記】

後日、ブレーキフルード交換の際に、ブレーキフルードが染み込んだ軍手でボディを触ると汚なくなった。(乾いたら拭いても取れない)

くれぐれもこぼしたり、ブレーキフルードが付着した軍手でボディーを触らないように。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

という事で、あらかじめオイルを抜く事に。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

と思ったけれど、容器内には余裕があります。

溢れる気配は無いのでそのままで実行。

 

また、蓋を閉めたままだとブレーキピストンを押し戻す事ができないかも?との事。

なので、蓋を開けて作業に取り掛かりました。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

運転席側

まず、運転席側から。

サイドブレーキを引き、左後輪に輪留めをし、ジャッキアップしてタイヤを外す。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

タイヤが外れました。

カバーを外すためボルトを外す。

ボルトはカバーの下側にあります。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

ソケットのサイズは12mm。

ボルトは普通のネジを緩める方向(反時計・左)へ回して緩めます。

供回りするので赤矢印部分のナット(スライドピン)をレンチ(17mm)を使ってホールドします。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

外したボルト。 品番:26231TC041

締付トルク 22Nm

サンバー ブレーキパッド 交換

 

カバーを外すとブレーキパッドが出てきました。

パッドの外側に薄いプレート(シム)が2枚ずつ嵌っています。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

シムはブレーキの鳴き防止と、パッドの片減りを抑えるパーツらしいです。

シムを装着する場合、シリコン系、もしくは耐熱グリスを薄く塗るとの事。

今回は省略。

【追記】

塗らない事で支障があったか?

と思い返すと、特に支障は感じませんでした・・・

が、2回目の作業はしっかり塗りました。

 

外したシム。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

外したブレーキパッド。

ちょっと手こずったけれど、パッドは手で外せました。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

外したパッドに何やら突起があります。

【追記】

突起物はウエアインジケーターといって、ブレーキパッドが減ると、ブレーキローターを引っ掻き鳴きを発生し、パッドの使用限界を知らせる役割を担っているとの事。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

新しいブレーキパッド。

NISSHINBO ( 日清紡 ) ブレーキパッド 【 フロント用 】 スバル サンバー TV/TT系 2004/9~ PF-7525 (売り切れました)

サンバー ブレーキパッド 交換

 

新品のブレーキパッドを確認すると形が違いますが、突起が付いている物が1個ありました。

それを装着。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

【追記】

2回目の交換作業を行った際に買ったブレーキパッドには、突起(ウエアインジケーター)が付いている物が2個ありました。

NTB ブレーキパッド SB7066M スバル サンバー/ディアス/トライ

サンバー ブレーキパッド

 

突起が付いた物は内側に設置。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

ブレーキパッドを上下のパッドクリップの間に収めるのに少し手間取りました。

サンバー ブレーキパッド 交換 サンバー ブレーキパッド 交換

 

シムも設置。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

【追記】

シムとパッドとの接触面と、シムとピストンとの接触面にもグリスを塗る。

ブレーキパッドとパッドクリップの接触面にグリスを塗る(赤丸部分)。

シムはあらかじめブレーキパッドと合体させて、ブレーキパッドと一緒に嵌める。

パッドを元の位置に嵌め込むとき、斜めに差し込んでいくとスムーズにいった。

サンバー ブレーキパッド交換

 

ブレーキパッドとシムの設置が完了したらカバーを閉めます。

ブレーキピストンが出たままではカバーは閉まりません。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

という事で、専用のツールを使いピストンを押し込みます。

(STRAIGHT/ストレート) ディスクブレーキセパレーター 19-414

サンバー ブレーキパッド 交換

 

ツールのおかげで難なく作業完了。

撮影した画像を見て思いましたが、作業中に各部品を綺麗にしとけば良かった。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

オイルが漏れないか心配だったけれど全然大丈夫。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

漏れそうになったらスポイドを使ってオイルを吸い出すつもりが、その作業は必要ありませんでした。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

助手席側

次は助手席側。

運転席側と同じ作業の繰り返しです。

サイドブレーキを引き、右後輪に輪留めをし、ジャッキアップしてタイヤを外す。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

タイヤを外しました。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

キャリパーの下側のボルトを外す。

助手席側も運転席側と同様、普通のネジを外す時と同じ方向(反時計・左)へ回して外します。

レンチ(17mm)でスライドピンの供回りを防ぎます。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

カバーが落ちてこないように養生テープで押さえる。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

シムを外す。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

ブレーキパッドを外す。

運転席側のパッドと同じように突起物がありました。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

が、残った2個の新品のブレーキパッドには突起物がありません。

どういう事でしょうか?

サンバー ブレーキパッド 交換

 

突起物の存在意味がわかりません。

とりあえず小さいポッチを目印にしてパッドを嵌め込みます。

奥側に嵌っていた古い部品。(ポッチあり)

サンバー ブレーキパッド 交換

 

外側に嵌っていた古い部品。(ポッチなし)

サンバー ブレーキパッド 交換

 

奥側へ嵌める新品の部品。(ポッチあり)

サンバー ブレーキパッド 交換

 

外側へ嵌める新品の部品。(ポッチなし)

サンバー ブレーキパッド 交換

 

ポッチありが内側、ポッチなしを外側に嵌める。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

シムを嵌めます。

【追記】

運転席側と同じように、シムとパッドとの接触面と、シムとピストンとの接触面にグリスを塗る。

ブレーキパッドとパッドクリップの接触面(赤丸部分)にもグリスを塗る。

サンバー ブレーキ

 

ピストンを押し込む。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

綺麗に収まりました。

サンバー ブレーキパッド 交換

 

運転席側と同じ要領でカバーを元に戻します。

タイヤを設置して、トルクレンチで規定トルクでナットを締めこみ作業完了。

(サンバー締め付けトルク 80-100Nm)

サンバー ブレーキパッド 交換

 

運転席側で1回やった作業なので、助手席側はサクサク行えました。

しかし、今回はシムにグリスを塗らず。

また、各パーツの洗浄も疎かでした。

ワイヤーブラシを使って掃除しながらやれば良かったと後悔が残るところ。

次回交換する際はそこらへんをしっかりシッカリ処理しなければ。

あとはちゃんとブレーキが効くか、公道に出る前にブレーキをガシガシ踏んで確認。

最初は効きが甘いので、その後もしばらく様子見しながら安全運転しなければいけません。

 

おわり

 

タイトルとURLをコピーしました