石油ストーブ「ぐるんPa(RS-G24M)」を買った

トヨトミ製の反射形(放射型)石油ストーブを買いました。

 

 

箱のサイズは、高さ51.5cm×幅47cm×奥行35.5cm。

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

【仕様】

型番 RS-G240 ホワイト 2022年モデル

最大燃料消費量 2.35KW(0.228L/h)

暖房出力 2.35KW(0.228L/h)

油タンク容量 3.6L

燃焼継続時間 約15.8時間

質量 約7.5kg

外形寸法 高さ453mm 幅428mm 奥行315mm

 

では開梱。

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

 

燃焼筒がメカメカしい。

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

 

上側。

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

 

下側。

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

 

燃料タンク室。

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

 

燃料タンクを外したところ。

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

 

燃料タンク。

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

 

タンクに灯油を入れ、本体へ設置すると、給油サインが赤から緑へ変化します。

その後、しんに灯油をなじませるために、20分待機します。

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

 

20分待機後点火します。

まず、しん調整つまみを右へ目一杯回します。

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

 

しん調整つまみを右へ目一杯回すと、しんが下がった状態から。

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

 

しんが上がって点火プラグに接触します。

これで点火準備完了です。

※説明のために燃焼筒は外した状態です。

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

 

点火はこのハンドルをグルグル右回転させます。

※左回転ではスパークしません。

電池もライターも不要です。

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

 

レインボーも電池レスの物がありました。

レインボーは持っているのですが、これに買い替えたい・・・

 

ハンドルを回転させると、火花が飛びます。

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

 

1回転で点きました。

※2回目以降は3~4回転させないと点かなくなりました。

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

 

火力調整幅の目印付きです。

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

 

火力調整幅内で最小にしてみます。

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

 

燃焼筒の半分ぐらいが赤熱する状態となりました。

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

 

消化する場合はつまみを消化位置まで回します。

これ以上左へは回りません。

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

 

左へ回すには、緊急消化のボタンを押すか、本体を揺らせば、瞬間的に自動で左へ回転します。

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

 

火鉢型、反射形、対流型が揃ったので、しばらく使って比較などしてみたいと思います。

トヨトミ 反射形 ストーブ ぐるんPa RS-G240

 

【対流形・反射形・火鉢形】レインボー・ぐるんPa・石油コンロの比較
先日、反射形の石油ストーブ「ぐるんpa(RS-G24M)」を買いました。 小型ですが、対流形、火鉢形、反射形と、特徴が違うストーブが揃ったので、それぞれを使って感じた事を書いていきます。 それ...

 

おわり

タイトルとURLをコピーしました