コールマンエクスポーネントマルチフューエルストーブ550B725の話

コールマンエクスポーネントマルチフューエルストーブ550B725を手に入れた経緯

以下の条件が全て揃っているストーブを探しました。

 

  1. 灯油が使える
  2. 音が静か
  3. とろ火に出来る
  4. 一体形の物

 

やっと見つけたのがコールマンの550B。

日本未発売商品です。

しかし、アマゾンやヤフオクでは並行輸入品の新品が売られていました。

 

この550Bはネットでレビューを確認すると「赤火が出て炎が安定しない」との情報をよく見かけます。

その情報を見て買うのはためらっていたのですが。

あるときテレビで、「そのうち大きな地震が襲ってくる!」というような報道番組をやっておりました。

それが影響したのでしょうか?

ネットショップを確認すると売り切ればかりとなり、在庫が有る店を見かけなくなってしまいました。

 

品薄になってきている状況を見ていると、「今のうちに買っておかなければ!」との心理が働く事に。

そこにタイミング良くヤフオクで出品されていた物を発見し落札した次第です。

 

手に入れてから悪戦苦闘する

届いたら早速ジェネレーターを灯油用へ交換しました。

火力調整はツマミを使って自由自在に調整可能です。

 

強火だといつまで経っても赤い炎で燃え続けます。

レビューどうりでしたね。

 

最弱にすると青火になります。

最弱の青火に関しては文句無し。

 

赤火になるのはジェネレーターの位置が原因かと推測します。

バーナーボックスの中へのジェネレーターの差込深さを、深くしたり浅くしたり、付けたり外したりと、そんな事を何度か繰り返しました。

 

すると、強火でもなんとか青い炎が出るように。

しかし、必ず青火になるとは限りません。

 

着火してしばらくは青い炎が出ていますが、長い時間燃焼していると、そのうち赤い炎へと変化していきます。

誰かのブログで「赤火の原因は酸欠なのでは?」と言う意見を見た事があります。

 

その記事を鵜呑みにして、酸欠解消の為にカラー部分にドリルで穴を開けてみようかと思いましたが、今のところ勿体無くてやっておりません。

 

着火から燃焼までの手順

まず、燃料の通り道やその周辺をバーナーで炙って暖めます。

頃合いを見計らって燃料ツマミを解放します。

550B725

 

つまみはOFFの状態からオープンすると → 最大 → 最小、の順番です。

いきなり最大になります。

 

なので火が点くと一気に炎が上がります。

550B725

 

火が点いたらすぐにつまみを最小にしてやります。

赤い炎から青い炎へ変わっていきます。

550B725

 

つまみを最小にしてやり、炎が安定したら完全な青火になります。

550B725

 

最強にすると赤交じりになります。

550B725

 

最強。

550B725

 

最少。

ちょっと炎が見えにくいですが、最小にしますと完全に青です。

550B725

 

また最強。

時折、赤い炎が吹き上がります。

550B725

 

使う度に鍋底が煤で真っ黒になってしまいます。

まだまだ格闘しそうです。

 

後日、動画を撮影しました。

コールマンエクスポーネントマルチフューエルストーブ550B725の話の燃焼風景【動画】
COLEMAN EXPONENT MULTI FUEL STOVE 550B725の動画 コールマンの550B725を久しぶりに使ったので燃焼の様子を撮影しました。 詳細は以前記事には書きましたが。 百聞は一見...

 

おわり

タイトルとURLをコピーしました