長火鉢に鉄の猫板を設置する。

ヤフオクで落札した長火鉢です。

長火鉢 格子 猫板 (1)

 

手元に届き実物を確認したとき、不思議に思わされる箇所がありました。

それはこの切欠き部分。

長火鉢 格子 猫板 (2)

 

何の為に切欠きされているのだろうか?

しばらく悩んだ末にやっと判りました。

猫板を設置する為にあるのですね。

猫板(ネコイタ):長火鉢の端の引き出し部分にのせる板。そこに猫がうずくまるところからいう。(引用:コトバンク)

 

という訳で、ダンボールで仮の猫板を作ってみました。

しかし物を置くには狭すぎる。

無くても良いかな、炉が狭くなるし・・・

長火鉢 格子 猫板 (3)

 

でも、せっかく猫板を設置する場所が有るのだから、とりあえず作っておこう!

と言う訳で、最初はホームセンターで木材を買って自作する事を考えました。

しかし、炉内に設置する物なので、燃えない金属のほうが良いか?

そう考え、ネットで見つけた鉄の加工屋さんに作って貰いました。

 

鉄の猫板です。

1g以上あるのでズッシリと重い。

長火鉢 格子 猫板 (4)

 

色が黒いとなかなか良い感じ。

長火鉢 格子 猫板 (5)

 

灰匙と刷毛を置いて、こんな感じで使うようになりました。

長火鉢 格子 猫板 (6)

 

火鉢を使用するにあたって火事と一酸化炭素中毒対策。
一酸化炭素中毒対策 うちは風呂とトイレの換気扇を24時間回しっ放しにしています。 なので、換気は大丈夫だと安心しています。 が、火鉢を使っている時に、頭痛がしてくるときがあります。 という事は、換気が全然足りていない証拠...

 

おわり

 

タイトルとURLをコピーしました