砂浜対策 手動ウインチ

砂浜対策 手動ウインチ

釣りが終わり出航場所(砂浜)に戻ると、そこから人力でボートを引き上げなければなりません。

骨の折れる作業です。

 

出来るだけ楽をしたい!

という強い想いにより、いろいろ試してみる事に。

 

まず、滑車とロープを使って引っ張り上げる事に挑戦。

結果、長く張った細いロープどうしが途中で絡み合います。

 

それを解消させるのに力を使い果たす事に。

また、絡みを解消させたとて同じことでした。

砂浜対策 滑車を使ってボートを上げる
砂浜対策 滑車を使ってボートを上げる 私のボートの重さはメーカー公表値で95kgです。 それに船外機、艤装品、ランチャーなどの備品が加わります。 そうすると合計で250kgぐらいの重量となります。 この重さの物を...

 

次に、手動ウインチを使ってボートを引っ張ってみました。

ランチャーに設置されている小さなウインチを利用する事に。

 

ウインチの平打ちロープを外して、替わりに太さ3mmステンレスのワイヤーを巻きます。

砂浜対策 手動ウインチ

 

ワイヤーの端を固定されたポールに結び付け、地道に巻き上げてみました。

引っ張る距離は40mほどです。

 

時間は掛かりましたが、なんとかボートを上げる事は成功。

しかしすぐに小さいウインチに限界を感じました。

 

とにかく時間は掛かるしそれなりに力も必要。

砂浜対策 手動ウインチ

 

という訳で、ちょっと大きめのウインチに交換。

ワイヤーの太さは同じく3mm。

 

巻く力は軽くなりましたが、その分巻く回数が多くなります。

巻く時間は休み休みで20分以上掛かったと思います。

 

どちらにしても時間が掛かる。

砂浜対策 手動ウインチ

 

作業中、近所で子供達が遊んでいました。

近付いてきたので注意を促したのですが、細いワイヤーが見えなかったようで、ワイヤーに足を引っ掛け転んでしまいました。

 

そんな事が有り、帰港の度にこの作業を行うのは周りに迷惑を掛けるので採用不可としました。

 

【ランチャーに大型ハンドウインチを設置】

 

次は電動ウインチを使ってみる事にしました。

砂浜対策 パワーウインチAP3500
砂浜対策 パワーウインチAP3500 手動ウインチでボートを引っ張りあげてみました。 その結果、ボートを引っ張り上げる事は成功。 しかし、かなりの時間を要し、それなりにしんどいし、周りに迷惑を掛ける。 という訳で...

 

おわり

 

タイトルとURLをコピーしました