海の手漕ぎボート釣り入門 体験記 出港から帰港までの流れ

海の手漕ぎボート釣り入門 体験記 はじめに心構え & レンタルかマイボートか?編
手漕ぎボートで釣りを始め、その後に動力船へ移行しました。 その後、また手漕ぎボートに戻り釣りをしています。 やっぱり手漕ぎボート釣りは楽しい! という事で、入門者さんの参考になればと思い、自分の経験を元に、手漕ぎボート釣り...
海の手漕ぎボート釣り入門 体験記 服装編
「海の手漕ぎボート釣り入門 体験記」の2回目になります。 今回は服装編です。 服装 夏バージョン ボート釣りに適した服装を考えてみます。 昔は「服装なんて何だってイイ!」と思っていまし...
海の手漕ぎボート釣り入門 体験記 ボート選び編
「海の手漕ぎボート釣り入門 体験記」の3回目はボートの選び方です。 ボートの保管方法 ボート置き場を確保する ボートを選ぶ前に考えなくてはいけない事。 それは、ボートを置く場所を確...
海の手漕ぎボート釣り入門 体験記 ボート用具編
「海の手漕ぎボート釣り入門 体験記」の4回目はボート用具編です。 ボート用具編 ボートを運用していくために、ボート本体の他にボート用具が必須となります。 まずオール。 オールが...
海の手漕ぎボート釣り入門 体験記 釣り道具編
「海の手漕ぎボート釣り入門 体験記」の5回目は釣り道具編です。 手漕ぎボート釣り道具 私の釣り道具ですが、しょぼいです。 いや、シンプルイズベスト。 「無駄な物...

 

「海の手漕ぎボート釣り入門 体験記」の6回目は、出港から帰港までの流れです。

 

出港から帰港までの流れ

ボート釣りを始めた頃、毎日のようにシュミレーションをやっていました。

なんせ、やる事が多すぎる。

忘れ物をしないように、確認作業を怠って失敗しないように。

それでも残念な結果を招いてしまう事も。

そういう訳で、今でもたまにシュミレーションを行います。

まだ一度もマイボートを出船させた事が無い方の参考になれば幸いです。

 

出港準備開始

前日

和田長浜海岸 夕日

天気予報を確認します。

潮汐も確認します。

満潮の時間帯のほうが出船しやすいです。

干潮の場合だと、暗礁が海面上に現れて、ボートを出しにくくなります。

波打ち際までの距離も長くなります。

潮汐表を見て、だいたいの出航時間を決めます。

ひととおり確認して、いけそうだったら道具の準備を開始。

ボート、釣り道具、その他諸々を車に積み込み。

氷、餌、自分の食料と飲料以外は、全て車に積み込み準備完了させておきます。

当日に準備しようとすると、忘れ物をする場合がありますので、前日に終わらせておく事が賢明です。

 

当日

神奈川県の海岸沿い

家を出るとき、既に乗船する服装をしていれば、現地で着替える手間が省けます。

氷、餌、自分の食料と飲料を持って出発。

寝ぼけていると、これをたまに忘れる事があります。

メモ紙に「氷」「餌」「飲み物食べ物」と書いて、絶対目に入る場所に貼りつけておきます。

考える事を必要とせず、半分寝た状態でも機械的に行動出来るようにしておきます。

準備万端整えたら出発。

海に到着したら、まず海況の様子を伺います。

空模様、波の様子、波打ち際の様子、うねり、など。

天気予報と、実際の天候や海況の様子が違う事もあります。

実際に現地に行ってみない事にはわからない。

もどかしいところでもあります。

海況が怪しい場合に、中止する事を躊躇してはいけません。

きっぱり諦めましょう。

ひととおり確認して大丈夫そうであれば出船準備開始。

大きな物を扱うので、周りに気を使いつつ荷物を広げ準備します。

 

出港準備

和田長浜海岸駐車場

まず、携帯電話は忘れずに防水ケースに入れておきましょう。

気が急くと面倒くさい事は「後でいっか」となりがちです。

で、そのまま忘れて出船しようとしたら、波に煽られびしょ濡れに。

スマホもびっちょり、なんて事も。

大事な事は先に済ませておきます。

ボートを車から降ろしてドーリーを設置します。

ドーリーを使わない場合は、先にボートを波打ち際まで移動しておきます。

ボートに荷物一式を積載して準備完了したら、いよいよ出船。

その前に注意したい事が。

波打ち際の波が高いようであれば、転覆する可能性があります。

心配されるような状況であれば、荷物をしっかり船体に固定させたり、リシューコードを接続しておく事をお勧めします。

思わぬ波に見舞われる事があるので、波打ち際の状況はしっかり観察して対処しておかなければなりません。

 

離岸と着岸

もし砂浜から出船する場合。

離岸は大きな難題となります。

波打ち際が一番転覆率が高い場所です。

波が高いときは要注意。

私は何度も「水船状態」または「転覆」させた経験がありますからね。

威張って言う事ではないですが。

 

離岸

ボート釣り入門 離岸

海面が凪の状態であれば特に気にする事は無いかと思います。

様子を見ながらボートを海に浮かべ、ボートに乗り込んだらオールを漕いで、スーっと出ていくだけです。

問題は波が高い場合。

まず、波の様子をじっくり観察します。

ここで焦ってはいけません。

しっかり波の様子を把握する事なく、適当なタイミングで出ようとすると失敗します。

一瞬で水船状態です。

最悪は転覆。

泣きたくなります。

泣いて済むぐらいならいいですが、怪我でもしたらそこで終了です。

 

離岸のコツ

和田長浜海岸

波が高いときに、ボートを海に浮かべたら、波に対してボートを横にしてはいけません。

横にすると、簡単にひっくり返ってしまいます。

トランサム部分を持ち、バウ(船首)を波に対して垂直に当ててやります。

2回3回と波を受けてタイミングを見計らいます。

「ここぞ!」と思う波を乗り越えた瞬間に、ボートを押しつつ、勢いを付けて地面を足で蹴り、ボートに乗り込みます。

次の波が来る前に、すかさず座席に座り、オールを漕いで、沖へ出ます。

海上

相模湾

波打ち際から離れて海上に浮かぶと、とりあえず安心。

ボート上では重心を中心にするように心掛けていれば、転覆するような事はありません。

ゼロとは言い切れませんが。

漁師さんから、毎年5回ぐらいは転覆したボートの救助に向かうとの話を聞いた事があります。

そのうちの1回にならないように気を付けたいところです。

ボートの上では絶対立ち上がらない。

また、重心は常にボートの真ん中に置く事を意識する。

 

着岸

和田長浜海岸

釣りを終了したら帰港となります。

波風が無いときは、人が居ない事と、暗礁に気を付けながら着岸するだけ。

しかし、波が高いときは、離岸と同じように難しいです。

釣りも終わって、疲れ切った身体で沖上がりとなり、着岸に失敗してボートをひっくり返してしまっては、その日一日を潰されたような気分になる事請け合い。

そんな事にならないように、最後の最後、気を引き締めなければいけない瞬間です。

 

着岸のコツ

和田長浜海岸

出来れば潮汐が高い時間帯に着岸する事をお勧めします。

潮汐が高いと、着岸点から車までの距離もいくらか短くなります。

 

まず、ボート上の荷物が流失しないように、片付けてしっかり固定しておきます。

次に、アンカロープをバウアイに結び、砂浜に上がったときに、そのロープを引っ張ってボートを引き上げられるようにしておきます。

準備が整ったら、波が穏やかで、人が居ない場所を探します。

また、暗礁にも気を付けます。

着岸点を定めたら、徐々に岸に近付いていきます。

近付きながら、波の様子を伺います。

落ち着いて、焦らないで下さい。

ギリギリまで岸に近付きます。

「ここぞ!」と思う波を乗り越えた瞬間、オールを漕いで、一気に岸に乗り上げます。

次の波が来ないうちに一気に!

波に乗ってそのまま上陸するという方法もありますが、失敗したらひっくり返るのでお勧めしません。

浜に乗り上げたら、素早くボートから降りて、バウアイに繋いでいるロープを引っ張り、ボートを陸へ上げます。

波が届かない場所までボートを引き上げたら成功です。

 

砂浜からボートを引き上げる

和田長浜海岸

砂浜からボートを引き上げる際、ドーリーを使う場合、積載物はなるべくボートから降ろしてしまいましょう。

私はこの作業が大変で嫌なので、なるべくボートへ持ち込む物を少なくしています。

車の脇まで全ての物を移動出来たらとりあえず一安心。

次にボートや道具を乾かします。

ボートを立てかけて水を切ったり、ライフジャケットを乾かしたり。

その間に服を着替えて、一息付きます。

一息付いたら、ボートや道具に残った水分や砂を掃って片付けます。

以上が一連の流れになります。

 

まとめ

ボートに乗って海に出ると、海上での安全地帯は、わずか数平方メートルのボートの上だけです。

それ以外は全て危険地帯。

そのわずかな安全地帯でさえ、常に危険と隣り合わせ。

なぜそんな危ない場所に行くのか。

それは楽しいから。

楽しい、非日常的な空間がそこにはあります。

非日常的空間に向かうための、この出港から帰港までの一連の流れ。

考えるだけでワクワクする。

ずっとワクワク出来るように、万全を期して取り組んで下さい。

参考にして貰えれば幸いです。

 

海の手漕ぎボート釣り入門 体験記 後片付けとメンテナンス編
「海の手漕ぎボート釣り 体験記」の7回目は後片付けとメンテナンス編です。 特に参考になる内容は無いかと思います。 と言うか、マネしない方が良いです。 こんな考え方もあ...

 

おわり

 

タイトルとURLをコピーしました