すぐに大きなボートが欲しくなるが選択は慎重に。

初めて買ったボートはゴムボート

単に「ちょっと沖で釣りがやりたい」と思い、ボートの事は何も知らない状態でゴムボート購入に至りました。

 

手漕ぎゴムボートのメリットとデメリットと買い換え理由
初めて買ったボート「アキレスEC-521」 堤防で浮き釣りをしているときに度々こんな事を思いました。 「ちょっと沖に出たら釣れるんじゃないだろうか?」 そんな考えが膨らみボートを購入する事に。 買ったのは手漕ぎゴ...

 

初出航後、いろんな問題点を考えさせられることに。

 

  • 片付けが大変
  • 風に流される
  • 波に弱い
  • 手漕ぎがきつい
  • 穴が空きそうで怖い

 

など。

結局ゴムボートは数回乗った後、ボートエースに乗り換えました。

 

ボートエースに乗り替えると、またそこで問題点が浮上したり、更なる欲が出てきます

もっと広いスペースが欲しい、スパンカーを設置してみたい、など。

その繰り返しで、欲が次から次と湧いてきて、何度もボートを買い替える羽目に。

命にも関わってくる事なので、より安全な物を求めて、約1年の間に6艇乗り換えました。

周りのミニボート乗りの人も、すぐに大きなボートに乗り換えていったという印象が強いです。

 

日産シーブリーズに買い替えた後、今度は縮小に転じました

ゴムボートから始まり、途中数艇挟み、17フィートにたどり着きました。

が、今度はそこから小さくしたくなります。

理由は、燃料代、メンテナンス代、維持費が高いからです。

17フィートと言えども、私には負担が大きかった。

 

貧乏人はボートなんて持つもんじゃないとヒシヒシと実感させられました。

また、私のように無理してボートに乗っていたであろう周りの人達も、気付いたら駐艇場から消えていました。

 

結局11フィートのボストンホエラーに落ち着いて長い事乗っていましたが、それも売ってしまいました

今ではどこでも手軽に釣りが出来るように、身の丈に合った小さなミニボートに乗っています。

海は怖いですから、小さなボートで出航すると、海上で危ない目にあったり、快適性を求めたりで、すぐに大きなボートが欲しくなりますが、先々の事を考えて余裕を持って購入する事をお勧めします。

 

無理をしてしまっては楽しくないですから。

 

 

タイトルとURLをコピーしました